*

「 書籍紹介 」 一覧

国鉄民営化30年に関するメディア報道

4月1日で国鉄が民営化されて30年が経過した。あの日のことは今でも鮮明に覚えてい …

少しディープな北海道ガイド4 創刊から25年目を迎えたJR北海道車内誌

  左が手持ちではいちばん古い1991年3月号 右は最新号 字体が変わ …

少しディープな北海道ガイド3「HO」(ほ) 道内雑誌だが地元ならではのレア情報が満載

   少しディープな北海道ガイド、今回は道内総合誌の「HO」 …

「温泉番長ほっかいどう 基本級」(海豹舎 舘浦あざらし)

「温泉番長ほっかいどう」(海豹舎)は、「正しい温泉」にこだわり、「北海道いい旅研 …

少しディープな北海道ガイド2 舘浦海豹氏久しぶりの著作「温泉番長ほっかいどう」

「温泉番長ほっかいどう」(海豹舎)は、「正しい温泉」にこだわり、「北海道いい旅研 …

少しディープな北海道ガイド1 自分流ゆっくり北海道旅行を極める 「なまら蝦夷」8号

「なまら蝦夷」とは道内で小宿を営むオーナーたちが書いたガイドブックである。創刊は …

あの月刊「旅」と表紙がよく似ている「旅北海道」は地元編集ならではの内容だ

  左が「旅北海道」5号 中央が創刊号 右が月刊「旅」 春先から北海道 …

映画大ヒット中の釧路が舞台のアニメ『僕等がいた』は「挽歌」ブームを超えるか

東京有楽町の三省堂書店の一角に登場した釧路コーナー 釧路を舞台にした人気アニメの …

「るるぶ」が通算4千号 JTBはるるぶブランドをもっと活用すべきだ

JTBパブリッシング発行の「るるぶ」が先日9日に発行された「るるぶ沖縄’11」通 …

「北海道じゃらん」を考察する

じゃらん北海道 2017年 03月号 [雑誌] posted with カエレバ …

『とほ』 (とほネットワーク旅人宿の会発行)

「とほ」は相部屋形式のドミトリー型宿を紹介したガイドブックだ。北海道を中心に全国 …

『北海道いい旅研究室12』(舘浦あざらし編集 海豹舎)

舘浦あざらし責任編集の「いい旅研究室」が通算12冊目を発行した。前号が昨年1月発 …

『札幌から行く日帰り温泉&昼食ごはん』(亜璃西社)

大型連休に突入したが、北海道発の旅行・レジャー関連の書籍を何冊か紹介して行きたい …

「とほ」(とほネットワーク旅人宿の会発行)【書籍紹介】

「とほ」は相部屋形式のドミトリー型宿を紹介したガイドブックだ。北海道を中心に全国 …

『北海道いい旅研究室12』(海豹舎)【書籍紹介】

舘浦あざらし責任編集の「いい旅研究室」が通算12冊目を発行した。前号が昨年1月発 …

『札幌から行く日帰り温泉&昼食ごはん』(亜璃西社) 【書籍紹介】

新・札幌から行く日帰り温泉&昼ごはん posted with カエレバ …

『監獄ベースボール 知られざる北の野球史』(成田智志著 亜璃西社発行)

監獄ベースボール posted with カエレバ 成田 智志 亜璃西社 200 …

『監獄ベースボール 知られざる北の野球史』(成田智志著 亜璃西社発行)

昨年11月に出版された本だがユニーク且つ貴重な内容であったので紹介をさせていただ …

『北海道化石としての時刻表』(柾谷 洋平著書・井上 哲編集 亜璃西社)

北海道 化石としての時刻表 posted with カエレバ 柾谷 洋平 亜璃西 …

『北海道化石としての時刻表』(柾谷洋平著 亜璃西社)

相変わらずの鉄道書籍ブームだが乱造の感は拭えない。そんな中、一風変って、筋が入っ …

奈良交通の人気バスガイド本出版、もっと注目されていいガイドさん

ご指名!古都のバスガイド posted with カエレバ 木島亜里沙 メディア …

雑誌「Pen」の北海道特集が面白い

雑誌「pen」(阪急コミュニケーションズ8/15号)の北海道旅特集を買った。「p …

企画力と正確・緻密さの勝利、「日本鉄道旅行地図帳」

日本鉄道旅行地図帳 1号 北海道―全線・全駅・全廃線 (1) (新潮「旅」ムック …

これまで知らなかった北海道がわかる 「北海道の歴史がわかる本」

北海道の歴史がわかる本 posted with カエレバ 桑原 真人,川上 淳 …

『「最長片道切符の旅」取材ノート』 宮脇俊三氏と村松友視氏

「最長片道切符の旅」取材ノート (新潮文庫) posted with カエレバ …

「JTB北海道時刻表」が休刊、旅の友がまたひとつ減る

上から「交通公社北海道時刻表」(’68.7)・「JR北海道ダイヤ」(’89.10 …

no image

朝日1面で紹介された北海道の地方出版、亜璃西社とあざらし君

新・札幌から行く日帰り温泉本多 政史 井上 哲 亜璃西社 2007-10-24売 …

no image

旅ガイド&タウン誌が生き残る道「大通ウォーカー」と「すきタン」の例から

旅行、情報ガイド誌やタウン誌は、ネット情報に圧され、苦戦が続いている。旅行雑誌の …

no image

人気低迷で専門誌がなくなったアイスホッケーに救世主が登場

アイスホッケーアジアリーグが開幕したと言ってもご存知の方はごく僅かであろう。以前 …

no image

月刊化した「旅と鉄道」

昨日、書店で「旅と鉄道」(鉄道ジャーナル社)を見つけた。この雑誌は季刊や増刊のか …