*

ホテルオークラ札幌のチーフ・バーテンダーK氏の「おもてなし5ヶ条」

okurabar

管理人は夕方時間があれば、一杯ひっかけるのが好きだ。バー、スペインバル、駅ナカ、蕎麦屋、酒屋の角打ちなど業態は様々だが、その時の気分や懐具合と相談しながらルーティンワーク化している。時間は10分ぐらいから長くても1時間ほど。あくまでも食前酒である。

札幌滞在中に必ず訪れるのが、ホテルオークラ札幌のバー「オークラ」である。1階にあるレストラン「コンチネンタル」の脇に専用階段があり、中二階のようになったところにバーがある。このホテルをよく訪れている人に聞いても、「そんな場所知らない」という人が多く、いわゆる「隠れ屋」である。

カウンターとボックス席があるが迷わず、カウンターへ。カウンターは5席ほど。普段は男性のバーテンダーK氏とS君が切り盛りしており、混んでくると下のコンチネンタルから助けが入る。管理人が顔を出す時間帯は6時前後だがまだ閑散としている。北海道は夕食前に軽くやる習慣がないと訊いたが、いつも早い時間は空いており、やはりそのようである。

年に数回訪れるレベルだが、顔を出すとチーフのK氏がいきなり、「O様、○月以来ですね」とすぐに出迎えの挨拶が。その月日が正確であり、常連客でもVIPでもない管理人を覚えてくれていることに感激する。30年以上のキャリアは伊達ではなく、謙虚な人柄に好感が持てる。流石はオークラといったところか。

 

先日、K氏から自らの信条というか仕事に対する5つの心得を聞いた。これはマニュアル本に書いてあるものではなく、自らの体験・経験から発見したものなので是非紹介をしたい。

  1. ホスピタリティ(hospitality) 勿論、おもてなしという意味だが、「客好き」という意味もあるそうだ。客を好きになる
  2. スキル(skill) バーテンダーとしての専門性、プロとしての技量・知識は勿論だが、サービスも含まれる
  3. エモーション(emotion) 感動を与えることができるか。また相手から貰うこともある
  4. プライオリティ(priority) 今何に重点置くか 場を読む能力である
  5. サプライズ(surprise) 驚きというよりは意外性。いつも新鮮な気持ちでいられるか

この5つの心得を聞いて、思わずメモした。だからブログで紹介できる。サービス業だけではなく、人と接するあらゆる分野に通じる内容だ。頭で理解するのは簡単だが、実際には大変なことである。ホスピタリティ・ビジネスに携わっている方には是非、認識していただきたい5つの心得だ。

なお、バー「オークラ」、料金は至って庶民的。HPを見ていただければわかるがハイボールなら7百円ほど。さらに5時から7時までの「ハッピーアワー」ならドリンクが全品半額である。申し訳ないぐらいの金額だが、正統派バー好きの人にはおすすめである。昼の疲れが取れる。

札幌のホテルバー事情を紹介したブログはこちら

 - すべての記事一覧, その他