*

札幌が「魅力的な都市」調査の1位に

画像 106.jpg
あるコンサルティング会社の地域ブランド調査で札幌が「魅力的な都市」の1位になった。その他、函館3位、富良野6位、小樽が7位入り、全国的にみた北海道人気が伺える。
この調査は、市の認知度、魅力度、イメージなど103項目に上り、このうち札幌市を「魅力的」と答えたのは86・6%に上ったのに対して、「魅力的でない」は1・6%に過ぎず、神戸市(2位)、横浜市(函館市と同率の3位)、京都市(5位)などを抑えて堂々の1位になっている。
印象としては魅力的な都市=観光したい都市であり、イメージが優先されている。
週末に東区のモエレ沼公園へ行った。その足で南区の芸術の森、定山渓温泉へ向かったが、札幌の自然環境の豊かさと公園やアートなどパブリック施設の充実にあらためて驚いた。
特にモエレ沼公園は入場無料であり、駐車場も無料というのがスゴい(南区の芸術の森は別個に入場料と駐車代を取られるので結構高くつく)。
また、その日は夕方にマチナカへ戻ったが、大通公園では道産食材を集めたイベントを開催しており、ススキノでは夕方からパレードと札幌は年中イベントを開催している印象がある。
札幌ほど都市機能と自然環境が共存し、有効に活かされている都市は世界的に見てもないのではないか。表面的なことだけかもしれないが、こういう環境で生活できる札幌市民がちょっと羨ましくなった。
やはり、自分も観光客の目であろうか。

 - すべての記事一覧, 地域(札幌)