*

【札幌シティホテルミシュラン】その5 中島公園周辺

☆SAPPORO CITY HOTEL編 No.5 中島公園周辺
札幌シティホテル・ミシュランの5回目です。今回は中島公園周辺のホテルを紹介します。紹介するホテルの基準は、日本ホテル協会に加盟か大手旅行代理店のシティホテル商品扱いを受けている施設などを対象に行います。また、評価は客室・飲食・ホスピタリティ・ビジネス(ビジネスでの使い勝手度)の4部門としました。著者の情報が少ないホテルについては紹介をしていませんのですべてが掲載されるわけではありません。
中島公園周辺には個性的なホテルが目立ちます。アートホテルズ札幌(南9西2)は市内のシティホテルとしては最初に掘削で温泉施設を作ったところです。もともとアートホテルは駅前通りにありましたが、老朽化と業務拡大に伴い現在地に10年前に開業をしました。道内はもとより全国的に知られるようになった加森観光最初の本格的ホテルです。シングルは客室の広さ、ベッドサイズなどシティホテルとしては狭さをかんじますが、併設の温泉は宿泊者は無料で入れ、朝食もセットになっているので、ビジネスマンや一人旅にはいいかもしれません。やすらぎや豪華さを求める人には不向きですが、合理的で実用的なホテルといえるでしょう。
客室 ☆☆☆★飲食 ☆☆☆★ホスピタリティ ☆☆☆★ビジネス ☆☆☆☆
札幌パークホテル(南10西3)は中島公園に面している老舗ホテルです。札幌グランドホテルと同じく三井観光開発が運営をしています。創業以来約40年、皇室やVIPの宿泊が多く、グランドを東京の帝国Hに例えればパークはオークラのような位置づけでしょうか。パークホテルの魅力は従業員のサービスと食事の美味しさにあります。客室は中島公園側と豊平川向きに分かれます。公園側は藻岩山~手稲、市内西部が一望でき景色のよさでは市内NO.1といってよいのではないでしょうか。豊平川向きはホテルの玄関屋根が邪魔し、その差にはがっかりしてしまいます。おもにツインが公園側、シングルが豊平側ですが、空室があればシングル予約でも公園側に回されることがあります。客室の広さは標準サイズですが、ミニバーもあり寛ぐことができるでしょう。食事は最上階に「なだ万」、以前、最上階にあった「ローザンヌ」がイタリアン・カジュアルに変わり1階に、3階には名門の四川中華「桃源郷」があります。シングル宿泊者には食事付きのパックがあります。たとえば「なだ万」で夕食と取り、朝食が付いて1万ちょっという破格プランやススキノの飲食店での食べ放題の夕食コースもあるのでチェックをしてみるといいでしう。
客室 ☆☆☆☆飲食 ☆☆☆☆★ホスピタリティ ☆☆☆☆★ビジネス ☆☆☆☆★
ホテルアーサー(南10西6)は、パークホテルと向き合うような形で建っている高層ホテルです。地下鉄中島公園駅が最寄りですが、徒歩で4,5分かかり、札幌駅からのタクシー利用だと1200円近くかかってしまうのが難です。ススキノへは徒歩エリアです。オープン当初は会員制ホテルでスタートをしましが、何回か経営者の変更があり、現在に至っています。最上階のレストラン「21CLUB」は札幌ではかなり名の知れたBAR&レストラン(鉄板焼など)です。客室は標準的ですが、上層階ならどの部屋でも景色がよいのが魅力で、パークホテルとは違う中島公園の四季を眺められます。また、もうひとつの利点は料金が比較的安く、チェックアウトが12時であるという点です。
客室 ☆☆☆★飲食 ☆☆☆★ホスピタリティ ☆☆☆☆ビジネス ☆☆☆★
KITAホテル(南14西1)は中島公園の南端、駅では幌平橋に近いところにあります。黒川雅之氏設計のお洒落なデザイナーズ系ホテルです。前号で紹介をしたロテル・ド・ロテルやホテルラフィーネなどバブル期に市内でいくつか誕生した形態のひとつです。客室はバラエティに富んでいますが、ツイン・ダブルが中心でシングル自体はとりたて特長がある部屋ではありません。食事はレストラン1ヶ所のみですが、リーズナブルな創作料理で評判もいいようです。市内中心部のホテルとしてはかなり外れにありますが、公園散策など都市型リゾートホテルとして活用してもいいかもしれません。
客室 ☆☆☆☆飲食 ☆☆☆ホスピタリティ ☆☆☆★ビジネス ☆☆
その他、中島公園周辺には公共系のホテルライフォートなどがありますが名前の紹介にとどめます。

 - すべての記事一覧, ミシュラン(ホテル&宿)