*

夕張で再確認された公共レジャー施設のあり方

Photo0007.JPG
Photo0005.JPG
上:駅の度重なる移動でみすぼらしく、味気なくなった夕張駅 右奥の建物はホテルマウントレースイ
下:10年以上前お世話になった中心街の花月旅館(既に廃業)2軒の公共の豪華ホテルに挟まれれば一般旅館はやってゆけない・・・・
夕張市は第三セクターに運営・管理を委託している約30施設の大半を、休止・売却を軸に整理する方針を固めた。
8/27のブログで石炭関連の博物館など公共性・文化性が高い施設を除き、民間へ売却すべきであり、三セクで維持をするのは理解できない旨のコメントを書いたが、当然ながらそういう方向で落ち着きそうである。
集客が期待できるマウントレースイスキー場とホテルは、大手民間企業が視察に入るなど既に譲渡・売却の動きも出ているらしい。
夕張に限らず、観光施設を公共で運営する必要がどこまであるのであろうか。
特に娯楽性が高いテーマパークや華美なスパに宿泊施設を含め、必要か不要か徹底的な見直しをしなければならない。
温浴施設などは地域住民が中心ということもあり、公益性や福祉面などから線引きが難しいところもあるが、赤字のところは何らかの原因があるのだから徹底的に検証する必要がある。
最近は公共の宿の運営を民間へ委託する自治体も増えているがいいことである。
以前、私が調べた超赤字の某町営の宿では、高い人件費(自治体職員であるから)が問題であり、道内の温泉ホテルチェーン会社の平均給与の2,3倍は貰っている。確か支配人の年収は900万円に近く、これは田舎では大変な収入である。また、臨時職員(パートさん)にも社会保険やボーナスが適用され、臨時といっても10年以上勤務している人も多い。
更に、備品・食材購入費に占める割合も大きい。特に町内の個人商店などから商品を仕入れるため、定価に近い金額で購入している。多くを地域内の業者から発注する仕組であり、これを行政が変えることは難しい。
上記の町営宿の例がすべてとは思わないが、公共・三セク施設は数々の馴れ合いとしがらみから出来ていることは確かである。ここにメスを入れ、システムを改善しないと第二、第三の夕張が登場してくるであろう。
地域経済にダメージを与えず、合理化できる仕組み(たとえば備品は共同購入をするなど)はいくらでも浮かぶが・・・・

 - すべての記事一覧, 地域(夕張)