*

川湯温泉で2軒が休業、「温泉コンドミニアム」という宿泊スタイルはできないものか

RIMG1032 RIMG1033

素朴な川湯温泉公衆浴場(非常に熱い)とお風呂がよい「川湯ホテルプラザ」

釧路管内弟子屈町の川湯温泉にある観光ホテル2軒が、東日本大震災による観光客減少の影響で、いずれも来春までの休業に踏み切った。 昨年10月から冬季休業していたグランドホテルアレックス川湯(110室)は、今春に再開予定だったが、来年3月末まで休業期間を延長した。パレスホテル川湯(53室)は、5月9日から1年間の予定で休業している。 (6/3付道新

川湯温泉は管理人が大好きな温泉だ。草津温泉と同じ強度の酸性硫黄泉であり、どこの宿も掛け流し、泉質は道内でもトップクラスであると思う。また、料金も平均してリーズナブル。しかし、宿や温泉街に個性がなく、「寂びれている」といった印象は拭えなかった。

川湯温泉は屈斜路湖と硫黄山・摩周湖方面を結ぶ途中にある。道東観光の周遊観光コース上にあるが、素通り客も多い。中規模のかなりくたびれた鉄筋づくりのホテルが並んでいるが、使われていない宿も何軒かある。温泉街といっても、古い土産物屋(置いてある商品が珍品揃い)と路地に入ると数軒の飲み屋がある程度で空き地が目立つ。かつて高級和風旅館と思しき建物(橘屋)が十数年放置されている。

今回、休業を決めた2軒の内の1軒は暫く使われていなかった旅館を数年前に買い取ったはずである。もう1軒は以前からあったが、個人客を意識した少し豪華な宿に数年前に改装していた。

川湯温泉の特徴として、客室数が数百という大箱はなく、50~100程度の中規模ホテルが目立つことだ。カラカミや野口観光といった観光ホテルチェーンが進出していないが、昔から温泉組合の結束が強いと聞いたことがある。ランドマークのような大箱があった方がよいのか難しいところだが、温泉街が均衡化しているのは事実である。しかしながら、道東エリアは温根湯や糠平温泉にしても、それがない分,衰退をしている気もする(十勝川温泉は地域力で頑張っているが)。

川湯温泉が苦戦をしている原因として、中規模ホテルが多いのも一因であろう。営業力が強くないため、旅行会社との繋がりが弱い。そのため団体ツアーを取りにくく、取っても安い料金に叩かれてしまう。また、道央圏から遠いという地理的ハンディもある。宿泊客は道東圏か道外が多く、札幌圏が少ない。札幌から川湯までは丸一日がかりであり、JRで行けば片道1万円はかかる。

温泉側も最近では「源泉掛け流し宣言」をし、掛け流し温泉の全国サミットを開催、冬季の「ダイヤモンドダスト川湯」は恒例イベントとなっている。また、各宿も個人客を意識した内容につくり変えているが、如何せん二番煎じであったり、集客アップに繋がるほどの訴求力がないように思える。

川湯のどこに惹かれて訪ねるか管理人自ら考えてみると、まずは温泉そのもののよさ、環境的な開放感がある。また、周囲に観光スポットが多いことやリーズナブルな点などであろうか。

これまで数軒の宿屋に泊まったが、定宿化した「川湯ホテルプラザ」は、その条件に当てはまる他、従業員が家族的で、ひとりでも気軽に連泊できてしまう点である。中規模以上の観光ホテルは連泊に適していないが、自由度が高ければ、「プチ湯治」感覚で滞在することができる。

苦戦する温泉地は朝食付き5千円、2食付で7千円以下で平日など格安に販売してはいかがであろうか。連泊条件で、さらに1週間や一ヶ月単位で客室を貸し出すようなサービスができれば、需要発掘につながると思うが。別府温泉(鉄輪など)では、長期滞在者へ貸す宿のことを「貸間旅館」といって今でも多くの利用客がいる。また、青森にも「客舎」という同様なシステムがあった。川湯であれば、コンドミニアム感覚での滞在が可能であると思う。

安いパックツアー客を取るよりも、こちらの方が実になるはずだ。北海道はこの部分が抜けている。

 - すべての記事一覧, 移住・ロングステイ・シニア