*

加森観光が長野県御岳スキー場から撤退、震災で各地のスキー場客が激減してしまった

ontake2240

木曽郡王滝村のスキー場「おんたけ2240」の指定管理者でリゾート経営の加森観光(札幌市)が、東日本大震災に起因するグループ全体の経営悪化を理由に同スキー場からの撤退を決め、2日、村に伝えた。同スキー場は村営時代の巨額債務で村の深刻な財政悪化を招いた施設。村は昨年9月、財政健全化団体から抜け出し、本年度は積極型予算を組んだばかりだが、再び大きな課題を突きつけられた。(6/3付 信濃毎日新聞

加森観光は運営委託の形で「おんたけ2240」の他、本州では安比高原(岩手)、夏油高原(岩手)、猪苗代箕輪(福島)の各スキー場の受託を行っている。おんたけは経営悪化に伴う民営化で2005年10月から同社が指定管理者を務め、同社の完全子会社おんたけマネジメント(王滝村)が運営。指定期間は10年間で、今年5月に6季目を終えていた。

おんたけマネジメントの西田社長によると、加森観光グループのうち、大震災の影響で岩手、福島両県の3スキー場が営業休止に。他も入り込みが落ち、グループ全体の経営が悪化した。おんたけ2240はここ3季、4千万円前後の赤字が続き、西田社長は「グループの存続も見通せない状況で『自立できない事業』の整理を決めた」としている。整理するのは同スキー場1カ所だけという。

加森観光はリゾート再生の救世主だが、運営委託されているスキー場が東北3ヶ所とは運が悪い。「おんたけ」は、おもに中京圏からの集客が多いスキー場であるが、アクセスに時間がかかり、最近は岐阜エリアのスキー場に客を奪われている。

震災の影響はスキー場経営に大きな損害を与えている。あまりニュースになっていないが、震災直後に東北地方の大半のスキー場は早々と閉鎖を決めた。また、震災翌日の長野・新潟県境で起きた地震により、北信や中越のスキー場も営業休止に追い込まれている。

2010-2011年シーズンはどこも豊富な積雪に恵まれたが、悪天候の日も多く、来場者は全体に伸びなかった。さらに追い討ちを掛ける震災により、来シーズンはさらに休業スキー場が増えるのではないか予想される。

スキー人口の減少に伴ないスキー場の淘汰も進んでいるが、まだゲレンデの方が過剰しているのが現状である。加森観光が受託する夏油や箕輪もバブル期に作られたスキー場であるが、同様な場所は各地にある。スキー人口の回復が望めない中、バブルの遺産の模索は続く。

 - すべての記事一覧, スノーリゾート