*

延びる高速道路と増便される都市間高速バス 道内の鉄路と空路はさらに追い込まれる

 star-light1 star-light2

くしろバス、阿寒バス、北海道中央バスの3社は7月28日から、共同運行する釧路-札幌間の都市間バス「スターライト釧路号」を1日2往復から3往復に増回する。新たに運行するのは、中央バス札幌ターミナル17:15発と釧路駅前ターミナル7:50発。 (6/29付 道新)

スターライト釧路号」は1987年の運転開始、道内の夜行バスでは札幌-函館線と共に古い歴史がある。女性専用車を設けるなど最盛期は1日4往復体制で運転されていたが、1996年JR特急の「スーパーおおぞら」の登場で、札幌釧路間の所要時間が大幅に短縮、その後は2往復で運転されていたが、夜行を中心に根強い人気があった。

今回の増便は、道東自動車道の占冠-夕張間の今秋開通を見据えて昨年8月から増便を検討していたのもので、開通により、現在6時間10~25分の札幌-釧路の所要時間が約40分に短縮されるため、乗客アンケートなどで要望の多い時間の追加運行を決めた。

高速道開通後は所要時間が最短で5時間30分となる。JR特急と比較するとまだ90分以上の差はあるが、大幅な時間短縮と云える。今後、道東道が釧路まで延伸するのは平成30年頃になりそうだが、高速道の区間延長が実施される度に早着となるので、今後も増便が予想される。

実際、高速道路が少しずつ南進している道央道を走る「高速はこだて号」では、昨年、今年と増便されており、さらに北海道バスの「函館特急ニュースター号」が今年3月からあらたに新規参入、札幌-函館線は7往復からいっきに13往復となり、本数ではJR特急と肩を並べた。道央道は今秋に落部-森間が開通、さらに来年度には前倒しで森-大沼公園間が開通する。現行最速で5時間10分の所要時間は4時間半以下となるであろう。

高速道路の延伸はJRだけではなく、航空会社にとっても脅威の存在である。本来、都市間バスと航空機は利用者層が異なるので、ダメージが少ないと思われているが、道内便に限って云えば、札幌-紋別間など空路の撤退や縮小が相次いでいる。すでに高速道が丸瀬布ICまで開通、「高速流氷もんべつ号」は4時間20分で札幌と結んでおり、空路の出番はなくなった。

同じオホーツク圏では、札幌と北見・網走を結ぶ都市間高速バス「ドリーミングオホーツク号は所要時間でもJR特急の「オホーツク」を上回っている(北見まで4時間半、網走まで5時間50分昼行便の場合)。ビジネスマンにも広く利用されているが、運賃では割高なJRや道内便航空路線の今後は厳しいと言わざるを得ない。

高速都市間バスは今後も所要時間の短縮が多くの路線で期待されるが、JRの現状ではそれが難しい。仮に石北本線でスピードアップ工事をしても、それに合うだけの利用者は見込めないであろう。このところJRや北海道エアシステムの事故やトラブルが相次いでいるので、さらにバスへ乗客が流れるかもしれない。

女性や若年層、さらに最近では中高年層でも、高速バス利用者が増え、すっかり市民権を獲得している。鉄道会社はどうやって、これ以上利用者をバスに流出させず、取り戻すことができるか、難題であるが、その努力にも期待したい。

【参考】道内高速バス予約サイト「楽得バス」公式HP

 

画像 185

写真はくしろバスのJR広告ラッピングバス、共存共栄?

 - すべての記事一覧, 公共交通(バス関連)