*

管理人の3.11体験が毎日新聞で紹介される

久しぶりの更新です。

3.11の際、青森から函館へ移動中に震災に遭遇した話は拙ブログでも紹介をしたが、その時の体験が毎日新聞北海道版で紹介された。9月11日付の紙面だが、「大震災半年 道内の備えは?公共交通」という記事の中でかなり具体的且つ正確な内容となっている。

8月の下旬に毎日担当記者から、ブログを読んだとメールがあり、その後何度か電話インタビューを行い、話をすり合わせた。メディアからの取材&掲載はたまにあるが、今回は管理人と記者の間で何度か検証も行っているので精度は高いはずだ。

それにしてもあの日、「スーパー白鳥」は函館港に最大の津波(2.4メートル)が押し寄せている時間帯に海抜5メートルの茂辺地駅に列車を移動させたのはナゾは残る。それまで車掌は茂辺地駅は海抜が低く、津波に襲われて危険があるため、列車を動かせないと何度も言っていたのであるが。

多分、指令の判断で非常食積み込みなども考え移動させたのであろうが、当時、十勝沿岸の豊頃町大津漁港では4.4メートルの津波が押し寄せていた。函館湾には日高や十勝よりも高い津波は来ないと判断したのかもしれないが、今回の震災ではその「常識」を覆しており、函館ベイエリアは初めての浸水被害を経験し、溺死者も出ているのだ。地形的にも日高・十勝よりも津波到着は遅れる。

地震発生当時、JR北海道では7路線21本の列車が走っており、管理人が乗った列車以外はすべて最寄駅に移動し、代替輸送を行っている。しかし、根室本線では大津波警報のため、国道が通行止で車が来られず、やはり長時間閉じ込められている。

もし、海岸沿いを走行中に大地震に遭遇した場合は、自分の力で情報を収集し、状況を判断し、いかにして逃げるかが重要になりそうである。現状のJR北の体勢では限界があると思う。

 

この新聞記事が出た翌日、JR北の中島社長が行方不明となった。石狩浜での入水自殺は難しいような気がするが、無事を祈るのみである。

 - すべての記事一覧, 公共交通(鉄道)