*

「YAHOO!ニュース”カラカミ観光、上場を廃止”」の記事で拙ブログが紹介される

 カラカミ観光が来年3月をメドにジャスダック上場を廃止すると発表した。経営低迷が続く同社だが震災による団体客や外国人客の減少で業績が悪化、2012年度3月の連結最終損益は2億円と4期連続の赤字になる見通しだという。このニュースに関連して「YAHOO!ニュース」で4月の拙ブログ「カラカミ観光が洞爺湖と阿寒湖のホテルを1年休館、踏ん張ることができるか正念場だ」が紹介されたことを報告しておく。

カラカミ観光は9月に阿寒湖の「ホテルエメラルド」と「川崎グランドホテル」の売却を発表しており、経営資源の選択と集約を進めてきた。5月から休館中の「洞爺パークホテル天翔」の売却については「現時点では何も決まっていない」という。

同社の場合、団体外国人観光客の利用が多く、平日は7、8割に達することがあると聞いている。震災の影響をモロに被ってしまったが、外国人以外にも集客の引き出しをいくつか作っておくべきであったであろう。大箱ホテルが中心でそれぞれの個性を打ち出すのは難しかったかもしれないが、もう少し策があったのではないか。

たまたま手元にJR北海道が主催する「ニュー阿寒ホテル」連泊プランのチラシがある。2連泊5食付で10,500円。札幌からの無料送迎バス付きもあるがこの価格には慣れてしまい驚かなくなった。自社商品でも一人旅で2食が付いて5,500円である。それがよい、悪いは別にして、カラカミ観光のイメージが格安商品から醸成されてしまっている。HPを見ると実際にはいろいろな商品があり、営業努力も伺えるが、そのあたり意外に宣伝ベタなのかもしれない。

ビジネスモデルが似ている野口観光は望楼などの高級化路線や個人客の取り込みなど時代ニーズを読んでいるが、このあたりのフットワークの違いがカラカミの弱さであろうか。

 

*なお、本日は拙サイトがつながりにくかったかもしれない。昨日の深夜にヤフーで紹介されたが、それ以降アクセスが殺到し、今日一日だけで軽く2万は超えそうな勢いだ(普段は平日1300-1500程度)。これまでもヤフーニュースの関連記事で紹介されることはあったが1日数千レベルで万を越えたのは初めてのこと。3,4日もすれば元の状態に戻るであろう。

 - すべての記事一覧, ホテル・やど関連