*

札幌市内の観光名所を巡る無料循環バスが誕生、公共交通で行くには不便な場所がかなりある

burari walk

観光向けの市内循環バス 左「ぶらりサッポロ観光バス」 右「Sapporo Walk」号

札幌市内の企業・商工団体などが、市内の観光名所を循環する無料バスの運行を目指し、22日に協議会を発足させた。来年6月に10日間、試験運行する。東日本大震災で遠のいた外国人観光客を呼び戻すとともに、市民にも札幌の魅力を改めて発掘してもらうのが狙いだ。(11/23付 毎日新聞大盛り北海道

協議会は市内の会社役員らで構成する「北海道おもてなし委員会」や石屋製菓、商業施設「ススキノラフィラ」、スキー場運営会社「札幌ばんけい」、サッポロビールなど9団体・社で構成し、札幌商工会議所が後援する。

札幌ばんけいの所有バスを活用。札幌・ススキノのラフィラをスタートし、円山動物園、ばんけいスキー場、石屋製菓「白い恋人パーク」、市中央卸売市場など7カ所を巡る。観光客だけでなく市民も利用可能。午前10時~午後3時に、30分に1本の運行を予定し、試験運行で問題がなければ恒常的な運行も検討する。

 

これまで、都内では丸の内や日本橋、お台場などで企業スポンサーを募る形態で無料バスが運行されている。札幌市内での観光向け無料バスの運行は初めてであると思うが、市内循環散策バスとしては何コースか存在している。

サッポロファクトリー開業と共に運行を開始した「Sapporo Walk」号は、時計台、ファクトリー、サッポロビール園を循環している。また、札幌都心・郊外の北海道神宮、大倉山ジャンプ競技場、円山動物園、道立近代美術館、札幌市資料館などを循環する「さっぽろ散策バス」やJR札幌駅から北海道大学前、北海道庁前、道立近代美術館、円山動物園、大倉山競技場をボンネットバスで循環する「ぶらりサッポロ観光バス」などがある。

「北海道おもてなし委員会」が運行する無料バスは、会員企業が運営する施設をおもに巡回するが、内容を見ると外国人観光客をターゲットにしているようだ。

市内には散策バスや定期観光バスがフォローをしていない観光スポットはけっこうある。たとえば、旭山公園や宮の森方面(彫刻美術館やシャンツェなど)へは中心部からのバス便がない(円山公園駅からのバス便はあり)。また、無料バスを担当するばんけいバスのエリア内には夜景で有名な幌見峠があるがここは観光タクシーもモデルコースになっているだけで公共交通では行けない。

大倉山シャンツェも「ぶらりサッポロ観光バス」が出来る前はバス便がなく、市内を代表する観光地としてはお粗末であった。現在でもジャンプ競技が開催される日に運行されるシャトルバスは円山公園からであり、ジャンプ観戦者には観光客が多いので不便である。

広域となり、一部定期観光バスのコースにもなっているが、モエレ沼公園や札幌芸術の森へ行く市内中心部からの乗合バスも季節運行や極端に本数が少なく、利便性が悪い。モエレ沼は管理人がもっとも見てもらいたい札幌の観光スポットであるが、まだまだフォローすべき場所は多そうである。

 - すべての記事一覧, 地域(札幌)