*

プロが選ぶ業界紙の全国温泉ランキングで北海道が大幅に後退

zakzak

寒さは日々厳しくなるだけに、休日ぐらい温泉でホッと温まりたいもの。そんな湯めぐりに役立つ国内の温泉ベスト100をこのほど、観光業界の専門紙が発表した。旅行会社のプロが投票、今回で25年目を迎える伝統のランキングだけに信頼性は十分。草津温泉(群馬)が9年連続の1位を達成したほか、東日本大震災の影響が思わぬ土地に異変を及ぼすなど興味深い結果となった。(1/7付 ZAKZAK夕刊フジ

「にっぽんの温泉100選」は拙サイトでも度々、記事を紹介している業界紙「観光経済新聞」が旅行会社やネットエージェントにはがきで投票を依頼するもので、1987年にスタートした歴史ある調査である。

業界紙が選ぶランキングは、利用者とプロの視点にズレが生じることがあるが、このランキングに登場する温泉名を見ていると「適正」といってよいのではないか。

1位草津は昨年と変わらず2003年から9年連続のトップ。さすがであるが、首都圏から近いという地の利もあるであろう。昨年2位であった登別は3位に後退、昨年3位の湯布院が入れ替わり2位に入っている。

北海道勢は全体に退潮が目立つ。湯の川(18→39位)、定山渓(40→62位)、洞爺湖(48→73位)も大幅ダウン。それ以外にも十勝川(17→23位)、阿寒湖(36→41位)、層雲峡(67→72位)である。ちなみにアップはウトロ(62→58位)のみであり、川湯(48位)が現状維持である。

ダウン幅の大きい洞爺湖・湯の川・定山渓は大型ホテルが多く、団体需要が大きい。震災による外国人客激減により、インバウンド依存の高かったこれらの温泉地は評価を下げている。仮に震災がなかったとしてもアップはなかったのではないか。

上位にランクされている草津、湯布院、黒川などは温泉街など全体的に雰囲気があるが北海道の温泉地はここはいちばん弱い。カラカミ観光の経営危機を見ても、これまでのビジネスモデルの限界が見える。外国人観光客も国内団体客が外国に変わっただけで、やっていることは同じである。

また、道内ではないが、伊豆の退潮も目立つ。たまたま先日、伊豆の温泉関係者と話す機会があったが、稲取や熱川、下田などの温泉地は20年前の三分の一近くまで減っているようである。その理由は複合的であるが、バブル期の思考から抜け出せなかったのではないか。草津と伊豆の違いも検証してみると面白そうだ。

今後もイノベーションが出来ない温泉地は衰退が続くであろう。

【参考】観光経済新聞社「日本の温泉100選」PDF資料

 - すべての記事一覧, 旅のマーケティング, 温泉, 観光(北海道全般), 観光(国内の観光産業全般)