*

釧路発の日本酒の話題 「福司」のユニークな商品展開

釧路に酒蔵があると聞くと誰もが驚く。隣りの根室にも国内最東端の酒蔵(北の勝)があるので米はあまり関係ないのかもしれないが冬場は水など大変であろう。
釧路にある唯一の酒蔵福司酒造がこのところ頑張っている。今日の道内各紙には、日本唯一の坑内掘り炭鉱、釧路コールマイン(旧太平洋炭鉱)の海底坑道で熟成させていた日本酒「海底力(そこぢから)」を搬出し、15日から正式に売り出すことになったことが話題になっている。
1月下旬から海面下225メートル、坑道入口から1600メートルの地点にねかせたものだが、気温が10~15℃、湿度が70%と通年一定に保たれており、日本酒づくりには適しているらしい。
気候の厳しい釧路の環境で地場産業である炭鉱を活用するという大変、素晴らしい試みである。
また、福司酒造では、厚岸のカキ「カキえもん」にあう日本酒の開発ということで「北とさくらさく」を開発した。これはカキとセットで限定発売するものであるが、白ワインではなく、日本酒が合うかどうか興味津々である。
先日、釧路で福司の鮭ひれ酒を購入した。日本酒に特産の鮭ひれが付いているものでお燗して呑むものだが、なかなかいけるクチであった。
これまで福司は、淡白な印象があり、正直あまり呑む機会がなかったが、根室の北の勝がいい味を出せるので、気候のせいにはできない。
最近の福司の企画商品は、地域の特性を活用したものが目立ち今後が楽しみである。
地酒を通して少しでも釧路の活性に役立ってほしい。

 - すべての記事一覧, 地域(釧路・根室)