*

「北杜の窓」9年目に突入・TwitterとFacebookを始めたがこれからもブログを更新します

fb twitter

2004年11月5日にスタートをした「北杜の窓」が丸8年を迎え、9年目に突入した。2006年以前のブログが消えており、正確な数は確かではないが1500回以上の記事投稿はしていると思う。その間、多少の試行錯誤はあったが、北海道をベースにぶれないで継続してきたつもりだ。10月末現在、一ヶ月のページビューが約3万8千、アクセス数が約2万、RSSなどに登録しているリピータが千弱程度いる。(このところ更新頻度が下がっているのでピーク時より2,3割ダウンしている)。

ところで、最近になって投稿の比重をtwitterに置くようになってしまった。twitterの「hokutonomado」は2010年から始めているが、あくまでもブログの記事を自動的に転送・紹介するだけで、オリジナルの書き込みは一切していなかった。しかし、ブログに紹介しきれないネタやブログ化するほどバリューがないと判断した話題などをtwitterで紹介する内に「北杜の窓」の更新の方が疎かになってしまった。ブログでは原則一日一題であるが、twitterでは数題の話題を提供でき、読者からの反応も早いので遂そちらへ行ってしまう。

また、10月からはface book(奥山高樹)も始めた。これまでFbはちょっと抵抗があり、適当なアカウントで登録はしたものの一年以上放置しておいた。しかし、Fbをやらざるを得ない環境になり、とりあえず始めてみたが、twitterと互換するような形を取り、毎日更新するようになった。twitterとFbの特性を見ながらネタをアップしているが、その分、ブログが疎かになってしまった(Fbはまだ友達も少ないのでリクエストOKです)。

twitterやFbに比重を置き始めるとブログの更新が減る例はまわりで結構見てきたが、やはり管理人も3つの媒体を使い始めるともっとも労力がかかり、反応が読みにくいブログが疎かになってしまった。twitterは140字以内で仕上げなければならず、簡潔に訴えたいことをまとめなければならない。また、Fbも長文には向いていないが、拙ブログは平均1,500字程度書いており、どうしても後回しになってしまった。

正直言ってtwittteやFbの方が楽であるが、言いたいこと筋立てて伝える、自己表現のツールとしてはやはりブログがいちばんではないか。労力は必要だが、その分気持ちも伝わると思う。3媒体を同時に更新するのは大変な作業であるが、「北杜の窓」のブログは今後も続けるつもりである。twitterやFbだけでは訴えられないものもあり、コアな読者もいる。多少頻度は下がるかもしれないが、併せて見ていただきたいと思う。

また、テーマも北海道全般で行くべきか、観光や交通関連を主とすべきか迷うことも多いが、観光マーケティングを軸に、北海道も関連する事項を取上げて行きたいと思う。

どうか9年目の北杜の窓にご愛顧のほどを。

 - お知らせ, すべての記事一覧