*

劣化した「みどりの窓口」、あり得ないキップを発券したが、ここにも合理化の弊害が

DSC_0593

急遽、買い直した乗車券

先日、北陸旅行の2日前に地元の「みどりの窓口」に特急券と乗車券を求めに行った。特急券は長野新幹線で東京から長野までの指定券で乗車券は北陸線の敦賀まで購入した。長野から敦賀までは信越線で直江津へ、そこからはいっきに北陸線で敦賀までである。帰路は東海道線新幹線に決めており、JRの乗車券は一筆書きのルールに従えば小田原で下車をして、横須賀線と被らない東海道線の大船駅手前まで発券が可能である。列車ごとに乗車券を購入するよりは2千円以上は安く上がり、購入するかどうか迷ったが、これまで地元の駅の「みどりの窓口」で少しルートがややこしい乗車券をこれまで全うに発券してくれたことがなく、それへの不信感と京都か米原回りか決めていなかったので敦賀までにしておいた。

この地元の駅だが、以前、「トワイライトエクスプレス」乗車で、東海道新幹線で京都乗換えで札幌までの乗車券を頼んだところ京都-山科間が湖西線と重複するということで通しで発券してもらえなかった。この区間は新幹線と在来線であり、問題はないはずだが、さらに地元駅から東北新幹線経由で札幌までの乗車券を頼んだところ五稜郭-函館間は重複するのでまたまた別個に買ってくれと言われて呆気に取られたこともあった。どうも地元の駅の「みどりの窓口」は重複区間に関する知識がないようだが、時刻表のピンク色のページを読めば、マニュアルを出さなくてもわかる簡単な内容である。

いよいよ乗車当日、東京駅新幹線改札に乗車券と特急券を自動改札機に入れたが、はねられてしまった。駅員が寄ってきて乗車券を見るなり、「この乗車券では新幹線には乗れませんよ」と言う。管理人はキョトンとしたが、券面をよく見ると乗車券の経由ルートが、「横須賀-東海道-山手-中央-篠ノ井-信越-北陸」となっている。本来であれば、「横須賀-東海道-長野新幹線-信越-北陸」でなければならないはずだが、どこをどう間違ったか新宿から中央東線で松本まで行き、篠ノ井線に乗り換えて長野まで行ってから信越線というとんでもないキップが発券されていた。「新幹線のキップと同時に購入したんだけど変だな」と呟いたが、一度、払い戻しをしないと新幹線に乗れないというので、窓口まで行って一度、精算をしてから乗車券を買い直した。窓口の職員も苦笑いを浮かべていたが、発車まで5分を切っており、冷や汗ものであった。地元の駅で確認をしなかったこちらにも問題はあるが、それにしてもである。さらに中央東線経由の場合、長野新幹線経由よりも8百円高いこともわかった。

思うに、地元の駅の「みどりの窓口」の女性スタッフは、紙に書いた乗車券のルートを渡した際、直江津までの分割購入と敦賀までの直通のキップのどちらが安いか調べるなどと変なことを言っていた。敦賀までのダイレクトが安いに決まったいるのだが、直江津はJR東日本と西日本の境界駅であり、運賃体系も変わってしまうと思っていたのではないかなどと想像するがわからない。それにしても長野新幹線の指定券を同時に発売しながら、新幹線ではなく、中央東線経由のキップを発行したのかは理解不能である(こちらは経由路線も紙に書いて渡している)。さらに購入した時は、女性スタッフの後ろで男性職員が付いて指導もしていた。単純なマルスの操作ミスなのであろうか(クレジットカードの控えも渡さなかった)。

「みどりの窓口」スタッフの質の低下については、これまでも述べているが、旅行センターと同様に大半が契約社員である。それも3年以下の契約であり、当たり前であるが、キップに関する知識に乏しい。自社内のルールを覚えることで精一杯であり、JR他社を跨ぐ内容となるとお寒い限りである。自動券売機やネットで今回のような乗車券が買えれば利用するが、残念ながら複数経路のキップは購入できず、窓口頼りということにある。今回も最初から嫌な予感がしていたが、それほど難しいルートではないので発券できるであろうと思ったが。

今回の事例もJR分割民営化と職員を外注や契約にした弊害であると管理人は考える。先日も地元の駅で広島の三次までの乗車券が発券できずに四苦八苦していたが、初めて聞いた駅名のようで、どこにある駅ですかと質問していた。スタッフが劣化しているのは明らかであるが、それはJRの劣化ともいえる。しかし、地元の駅では2度も発券できなかったトワイライトエクスプレスを使った乗車券が札幌駅では、口頭で簡単に発行が出来ている。札幌駅は正社員と思えるが、これでいいのであろうか。

行き過ぎた合理化はJR北海道の不祥事を見てもわかるように安全神話の崩壊につながっている。さらには知識の乏しい契約スタッフで「みどりの窓口」を固めてしまうことは、サービスの低下、劣化にもつながっていることをJRは知るべきであろう。

 - すべての記事一覧, 公共交通(鉄道)