*

航空会社の株主優待券について考える

ana14a230 airdo jal

航空会社の株主優待券を使われたことはあるであろうか。普通運賃の半額で利用でき、扱いはノーマル航空券に準ずるので便の変更や繁忙期の利用も可能である。マイレージのみ75%であるが、使い勝手のよいものといえよう。

管理人も最近はこの優待券を利用するようになったが、その理由のひとつに優待券の相場ダウンがある。本来は株主向けの特典として発行されるものであるが、ご存知のとおり、金券ショップなどで堂々と販売されている。最近の相場はANAが3千円前後、JALが5千円以上といったところだが、この2社ではかなりの金額の差がある。ANAが安いのは、増資により、券の流通が増えたからだと云われているが、表面には出てこない株主優待を使って利用者を増やしたいという意図もあるであろう。JALの場合は経営破たんにより、一度、株式市場から撤退をしており、その後、再上場となったが、以前に比べると制約が多くなっている。たとえば、他の割引運賃と同様に座席制限があり、さらに利用できない便もあるが、優待券自体が高いので使い勝手がいいとは言い難い。

JAL、ANA以外はどうであろうか?

エア・ドゥにも株主優待券が存在するようだが、管理人はこれまで見たことがない。ネットで調べると、相場は1枚2,500円程度だが、割引率は25%である。1回の搭乗に際し、2枚まで使えるので実際は5,000円程度ということである。よく考えてみるとエア・ドゥは株式上場をしておらず、違和感もあるが、たまに出回るようである。このほかでは、スカイネットアジアがエア・ドゥよりもやや安い程度、スターフライヤーは数百円でかなり流通しているようなので、こちらはお得かもしれない。スカイマークに関しては、上場もしており、発行されているようだが、ほとんど流通されておらず、発行枚数自体が少ないかもしれない。株主優待券は、運賃が高いFSC(フルサービス・キャリア)の利用でないとうま味がなさそうだ。

ちなみに今度の連休初日(11月22日土)、東京から千歳へ午前中に飛ぶ便の運賃をANAの株主優待を基準に比較してみた。まず、ANAの株主優待を利用すれば19,040円(普通運賃37,790円)である。エア・ドゥはもっとも安い「バリュー3」で20,290円(29,290円)、スカイマークは「フレックス」で18,000円(22,000円)である。成田発のLCC利用の場合、バニラが「コミコミ」で16,600円である。ANAの場合は優待券代3千円を加算するので実質2万2千円といったところだが、他は変更がきかない割引きっぷなので、皆さんはこの違いをどうとらえるであろうか。

だいぶ前から決まっている旅行であれば、変更不可でも割引率が高いチケットを購入するであろうが、週末や繁忙期、直前の旅行、ビジネスユースでは株主優待券の優位性が発揮できそうである。

なお、金券ショップは場所によって相場がかなり違い、管理人の地元は新橋などの激戦区よりもANAのもので千円近くも高かった。また、有効期間の迫ったものは割安で販売されており、期限が11月30日までのものならANAの場合、2,500円程度で出ている。このあたりも比較しながら検討するとよいであろう。

 - すべての記事一覧, 公共交通(航空機)