*

日旅とスカマが提携、北海道発東京行きが安くなる

 日本旅行北海道がスカイマーク(東京)と連携し、年末年始を東京で過ごす格安パックを開発した。単身赴任者向けの帰省パック「待ってた父ちゃん」(タイトルが素晴らしい)は24,800円、観光客向けの宿泊パック「明けまして東京」は3泊4日で45,500円と格安である。
旅行会社の商品なので1泊付きだが、「待ってた」の場合、宿は大江戸温泉物語、つまり形だけの宿で泊まる、泊まらないはご自由にということである。
年末年始の時期、東京発と比べ、千歳発は空いている。そこを狙っての商品であるが、スカイマークの魅力は他社が出発10日前が申し込み期限なのに対し、パックツアーでも5日までまで申し込みができる点だ。
また、国内線の場合、格安航空券は1泊付きのパックツアーしか存在しないと思われがちだが、宿泊なしでもOKの旅行会社があることを最近発見した。団体扱いなのでJAL,ANAは10日前、スカマは5日前という条件は一緒だが、往復購入で往復同じルート、FIX以外はすべてフリーである。
何社かあるが、全国温泉旅館同盟が運営する「とび得」などがある。
安いのでパックを申し込むが、宿泊が邪魔という人にはいいであろう。

 - すべての記事一覧, 旅のマーケティング