*

夕張再興とメディア効果

このブログの休止中、夕張に関する話題が日増しに増えてゆきました。特に各局ワイドショーやニュースで取りあげられたため、この財政破綻・財政再建団体入りは、主婦の世間話や飲み屋の会話に日常的に登場するようになりました。そして人ごとではないと思った方も多いはずです。
当初、好きな夕張がこんなかたちで注目を浴び、何とも複雑な気分で入院中の病室でテレビを見ていました。
特に最初に紹介された頃は、内容の間違いやテレビ特有のラフな作り、センセーショナルな構成が気になっていましたが、時間が経つにつれ、全体的に落ち着いた内容になってきたような気がしました。
先日の手作り成人式の話題は、結果的に視聴者を巻き込み連続ドラマのように盛り上がり、すべてのキー局でオンエアされました。来月には市民手作りによる映画祭が開催されるので多いに盛り上がり、再度露出も増えるでしょう。
また、夕張以外の財政破綻をしている空知の旧産炭地も紹介されるようになりました。歌志内や上砂川なども実情が紹介されましたが、夕張よりも厳しい面があり、オンエアされるだけまだ夕張はましかと思ったりしました。
夕張の抱えている問題はわかり易く、メディア向きのテーマであったかもしれません。
夕張の歴史は、閉山後、これでもかというぐらいの観光施設や映画祭などのイベントの物量攻勢で知名度を上げ、観光客を呼び込んできました。
その背後には、大手広告代理店の存在があり、多くが彼らのプレゼンにより、実行されたものです。
メディアの力を借り、一時的にも夕張は観光地の成功事例として取上げられました。管理人も大いに注目して今に至っています。
実際に知名度という面では道内に止まらず全国区になったので代理店を中心にメディアを活用したのは間違いとはいえません。
今回の破綻劇では、広告宣伝費を計上することなく、マスコミがわんさか駆けつけ、夕張を無料で紹介してくれました。広告効果としては凄いものでしょう。
これまで湯水の如く観光と宣伝にお金を使った夕張、今回は皮肉にも費用をかけずに知名度を高めてしまいました。
想像ですが、今後、メディアの力により、夕張を訪れる観光客は増えると予想します。行くことにより、多少なりにもお金を使い、夕張再興へ協力した気になれるでしょう。
また、そういう小さな力の結集が夕張には必要です。
皮肉にも行政が高価なプロモーション費用をかけなくても原則無料のパブリック・リレーション効果により世間の目を振り向かせた夕張。
地域を動かすのは行政ではなく、地域住民の時代に入っていることを顕すニュースともいえます。
これからも夕張を追ってゆきます。

 - すべての記事一覧, 地域(夕張)