*

ANA楽天連合に対抗、JALがじゃらんとタッグ結成

JALと「じゃらん」が提携して、航空券とホテルの予約がパッケージ商品(個人旅行)として購入できる「JALダイナミックパッケージ」を5月から発売することになった。
旅行会社の窓口に置かれている個人旅行型パンフレット商品(スカリホリデーのようなもの)がオンライン購入できるものだが、旅行の実施はJALの国内旅行会社JALツアーズが行なう(JALパックは海外)。
基本的な利用方法は、JALグループが運行する1日約1000便の国内線と、じゃらんネットの契約宿泊施設約14500軒を利用者がサイト上で自由に組み合わせて購入する仕組みでJALホームページ、じゃらんのほかヤフートラベルでも販売する。
昨年、ANAが楽天トラベルと組み、ANAの国内線と楽天トラベル全国約2万軒の宿がネット上で予約できる「ANA楽パック」のサービスを開始したことは画期的なことであった。
申し込みが12日前で便の変更がきかない等制限はあるが、旅行会社へ足を運ばなくて済み、情報量が豊富、値段が安いなどメリットが多い。
JALは後塵を拝したが、サイバーエージェントNO.2のじゃらんと組んだ。このところじゃらんは利用者を増やして楽天を追っている。また、ビジネス客が多く、JTBとも関係が強いヤフートラベルも加えた。
じゃらんユーザーは女性が多く、レジャー旅行には強いが出張が弱い。そのあたりも考えてヤフーを入れたのであろう。
このネット予約サービス、まだまだ衆知されていない。これまでのネット上での正規運賃予約と航空会社が直に行なう宿泊予約サービスとの違いが上手く説明できておらず、PR不足である。
また、窓口業務が中心の旅行会社への遠慮もあるのであろうか。
「JALダイナミックパッケージ」は、どこまでANA楽天との違いを明確に打ち出し、認知されるのか注目である。

 - すべての記事一覧, 旅のマーケティング