*

三井観光開発がグランビスタホテル&リゾートに社名変更

北海道新聞によると三井観光開発が社名を変更し、グランビスタホテル&リゾートになることになった。今後、三井ブランドが付く「三井アーバンホテル」チェーンやゴルフ場も名前が変わる。
三井アーバンホテルが誕生した頃は、高品質なビジネスホテルが少なく、さらに財閥系でも気位が高いイメージがある三井ブランドなので高級感があったが、バブル崩壊後はそういったイメージが薄らいだ。三井観光開発は、北海道炭鉱汽船(ほくたん)がルーツであり、30数年前までは北炭観光開発という社名であった。なので三井アーバンホテル(三井ガーデンホテル系の一時系列であった)は北海道が生んだホテルチェーンともいえる。
かっては道内に多くのホテルを所有していたが、現在は札幌グランド、パークホテル、定山渓の章月グランドホテル、千歳空港の三井アーバンのみである。しかし、札幌のホテルに代表されるように北海道ブランドの印象が強い。
新社名のグランビスタであるが、北海道の雄大な景色をイメージしてネーミングしたそうであるが、「ビスタ」ブランドは他にいくつかあるのが気になる。
中島公園にも新しいビジネスホテルで「ビスタホテル」があり、先日、お伝えした釧路でオープンするドーミーイン系の新ブランドホテルが「ラビスタ」、信州松本には地域を代表するホテルとして「ホテルブエナビスタ」がある。グランドやパークもどこでもある名前なので気にすることもないであるが、ビスタは固有名詞に近い気がする。
是非、中央資本(実際は三井観光開発も中央資本であるがサッポロビールや雪印以上に北海道色が強く、拠点にしている)に負けないホテルを目指してほしい。

 - すべての記事一覧, ホテル・やど関連