*

春の函館バル街が今年も開催

bar7Pos.jpg
東京は早々とサクラ開花宣言が出たが、北海道はまだ一ヶ月以上先の話。今年も恒例となった「函館バル街」の案内状が送られてきた。7回目の今回は4/24(火)に開催され、56店舗が参加する。
函館の旧市街にある飲食店が、スペイン式のタパス(つまみ)を出し、食べ歩き・飲み歩きをするイベントであるが、平日開催にも関わらずお茶とケーキなど昼間からも営業しているファミリー向けの店もある。
函館山の頂上にある店も参加し、ロープウェイがチケット1枚(5枚綴り3千円のチケットを購入するとワンドリンクとつまみタパスが付いてくる)で往復無料になるので夜景見学も兼ねて行くのもいいであろう。
地元向けのイベントであるが、開催エリアが元町・ベイエリアなどの旧市街であるので観光を兼ねてはしご酒をするのも楽しい。地元の人とも親しくなれる。
管理人もこれまで4回参加している。本格的なスペインバルが楽しめる「ラ・コンチャ」や洋食の元祖として名高い「五島軒」など有名店を”格安料金”で周りながら函館グルメツアー体験することができる。
函館のサクラの開花予想が4/25なので気持ちいい夜になるかもしれない。

 - すべての記事一覧, 地域づくり&イベント