*

モエレ沼が札幌観光の集客NO.1施設に

画像 106.jpg
札幌市のモエレ沼公園の昨年度来場者が前年度より約12万人多い83万1350人に達し、札幌の観光施設の中で2年連続のトップになった。時計台や道庁旧庁舎より多いのは意外であるが。
モエレ沼公園は説明するまでもないが、イサムノグチ氏が設計した広大なアート公園であり、モエレ山やガラスのピラミットなどの施設が点在する。
管理人は昨年の秋、初めて訪れた。それまでも何度も行きたいと思いながら公共交通のアクセスが悪く行きそびれていた。何しろ市内中心部から直通の手段がなく、地下鉄東豊線環状通東駅から路線バスが一般的だがバス本数がえらく少ない。一度、環状通東まで行ったが、真冬に1時間以上バスを待つ場所もなかったので泣く泣く帰ってきた記憶がある。
施設は以前ゴミ処理場だったというが想像できない環境のよさである。また、広大なため、貸し自転車が便利であった。
モエレ沼公園は素晴らしい施設である。アクセスが改善されればもっと集客は増えるであろう。まずは市内中心部からの直通バスの運行を望む。ここは札幌が世界に誇れる観光地と信じる。

 - すべての記事一覧, 地域(札幌)