*

連休中の夕張は観光客が激減

朝日新聞によるとこの連休中の夕張の観光客数は2537人であった。遊園地の休園などもあったが、一日平均で約250人、この数は昨年度の約五分の一というきびしい結果であった。
加森観光へ運営が委託(子会社の夕張リゾートが運営)され、運営13施設を周遊券方式でまわるワンペイ方式に変更された。チケットは3150円であるが、このシステムどうであろうか。
まず道内からの観光客はリピーターが多いはずで「ワンペイ」へは、不公平感が残るであろう。初めての訪問が多い道外客にはいいかもしれないが、博物館・遊園地・迎賓館・温泉など全く趣が異なる観光施設を一括して販売するのは無理があるのではないか。それぞれの施設の利用者層も違うはずである。
全体的に見て見切り発車の感は拭い得ない。今後、夕張観光が目指すものが炭鉱の歴史などをメインにした硬派志向のものか、または、遊園地・アトラクションなど家族連れを狙ったものにするのかなどまだ方向性が見えてこない。
周遊券方式で、すべてひっくるめて見てもらう、というやり方では集客が難しいであろう。夕張のマチは遊園地ではない。
現状の手駒では限界があると思うが、シャトルバスの運行や札幌方面からSLを走らせたり、話題のDMVの活用など付加価値で集客することは可能なはずである。特に、これまで少なかった道外客をターゲットに、市内2ヶ所のホテルに宿泊してもらう旅行商品を出すなど「夕張滞在」を打ち出したらどうであろうか。
5/10追記
JR北海道は9/8,9に32年ぶり、新夕張-夕張間にSLを走らせることを発表した。道新記事詳細 

 - すべての記事一覧, 地域(夕張)