*

伸び悩むホテルのアジア言語衛星放送

北海道観光連盟が推し進めているアジア言語対応の衛星放送を導入するホテルの数が伸び悩んでいる。現在、15軒ほどで目標の三分の一に止まっている。
2004年度に道内を訪れた外国人観光客は約42万7千人。そのうち台湾、香港、中国本土が70%、韓国が15%を占める。昨年4月から中国の国営放送と香港・台湾の民放2チャンネルを受信できるようにした。50万円程度の初期投資のほか、月々の受信料は約1万円(50室まで)で、個別契約の三分の一の料金で済むという。
伸び悩んでいる背景には設備投資をしても無料放送のためホテル側の収入にならない点や、アジア系旅行者のホテルでの滞在時間が短いため実際に視聴する時間が少なく、放送そのものが知られていない可能性もある。
外国語衛星放送に限らずホテルのVOD(ビデオ・オン・デマンド)は急速に普及しているが、ホテル側の収益は少ない(利益の大半が成人向けから)。現状ではVODのホテル側買取やレンタルは少なく、費用が殆んどかからない委託設置型が大半である。
現状では収益が少ないVODサービスに無料のアジア言語放送を設備投資する余裕がないのが実情であろう。
昨年、旭川グランドホテルでこのサービスを体験した。「ここまでやるか」と思ったが、日程がビッシリのツアー観光客が見る時間はないであろう。
むしろこれらのサービス導入よりも観光ホテル(旅館)のブロードバンド化を進めるべきである。IT立国と言われながらこの分野ではえらく遅れている。
観光ホテル(旅館)のブロードバンド対応は外国人観光客に限らず日本人観光客にとっても有益のはずである。

 - すべての記事一覧, 観光(インバウンド)