*

ツアー予約が好調、底を打ったかスキー客

今シーズンは雪が早い。道内の標高が高いスキー場はすでに大半がオープン済み。
本州でも東北を中心に、八甲田、安比高原、蔵王、グランデコなど、上信越でも奥只見丸山、かぐら、志賀高原、八方や栂池など天然雪でオープンしている。20年以上前ならこれらのスキー場は12月の声を聞けば滑走可能となったが、昨今の温暖化でシーズンインが2週間以上遅れるようになった。
また、各スキー場の客足が好調だ。昨季は暖冬と雪不足に悩まされたものの、今季は早めに雪が降ったことが好影響になっているようだ。
道内では、本州方面からのスキーツアーの予約は好調らしい。ALスキーツアーによると、12月の北海道スキーの予約は前年比7%増。他社も同じようである。
オーストラリアや韓国など海外からも昨季以上の来道が見込まれている。昨季はオーストラリア客を中心に1万5千人の外国人が宿泊した倶知安町(ニセコヒラフ)では来年1,2月の最盛期はほぼ予約で埋まっており、昨年より2,3千人は増える見込みという。また、ウォン高で海外旅行ブームが続く韓国からも大幅に増えそうである。
底を打ったかにみえるスキー不況。もともとスキー場は供給過多であり、この数年で大幅なスキー場の整理が行われた。バブル前の1985年頃の数字で需要とのバランスが合うのではないか。
下げ止まりをみせ始めたスキー客だが、以前のような大幅な伸びは期待できない。これまで知恵をあまり絞ることなく、殿様商売のツケが長い低迷と関係してるが、最近になって各スキー場個性を打ち出すようになってきている。
今週は断続的に寒気が入るので週末にかけてオープンするスキー場も増えそうだ。今期のスノーリゾートビジネスの動向に注目したい。

 - すべての記事一覧, スノーリゾート