*

駅前にある温泉旅館・鳴子中山平温泉「旅館三之亟湯」

Tohoku 211.jpg
Tohoku 219.jpg
三之亟湯(さんのじょうゆ)の夕食と朝食
鳴子温泉郷2泊目はいちばん奥にある中山平温泉・旅館三之亟湯(さんのじょうゆ)に初宿泊。鳴子は陸羽東線の沿うかたちで手前から川渡・東鳴子・鳴子・中山平と続く。さらにバスで山に入るとスキー場がある鬼首(オニコウベ)がある。
その中では中山平は、今でも湯治客が多いところで、肌にまとわり付くようなヌルヌルの湯が有名だ。今回お世話になった三之亟湯は、温泉街からは離れ、中山平温泉駅のホーム裏手に位置している。普通の民家が並ぶ一角にあるが、旅館自体が民家と変わらず、見過ごしてしまうかもしれない。
今回、飛び込みで交渉をしたが、大変親切な応対であった。客室は9室。館内は絨毯敷きでスリッパははかない仕組みだ。温泉は重曹泉で、透明なお湯だがヌルヌル感は相当ある。皮膚病への効果は抜群だと若女将が言っていた。浴室はシンプルで男女それぞれ一つずつ。時間で入れ替えをしている。
食事はヘルシーで味付けも悪くない。豪華ではないが、ひとり旅や旅館の食事が続いた時などにはちょうどいいバランスだ。嬉しかったのは地酒がサービスで出てきたことだ。管理人は、旅館の夕食の際、必ず地酒を注文するが、どこにでもある銘柄が多く、レアなお酒になかなか出会えない。特に鳴子の場合、周辺が穀倉地帯でいい蔵があるのに出るのは一ノ蔵や浦霞ばかりだ。
実は、三之亟湯が出した「森泉」(森民酒造店)という地酒は鳴子の隣町、岩出山の酒で管理人は鳴子に行く際は必ず買ってくるお気に入りなのだ(通販でも買っている)。聞くと宿の親戚の方が森泉酒造で、その関係で味噌、醤油も使っているという。卸値が高いので、他の旅館は仕入れないと言っていたが、管理人は追加でオーダーしたところ1本500円しか取っていないので良心的な値段だ。
三之亟湯は楽天トラベルに加盟しているが、利用者の評価が高く、投稿数も多い。最近、ビジネス客が増え、古川に泊まらず、わざわざ鳴子まで来る客も多いという。じゃらんネットについても若女将に聞いたが、トイレが男女共同で、洗浄機もない。また、露天風呂もなく、今どきの女の子を満足をさせるサービスを提供できないので今は加盟してないと言っておられた。
全体的に良心的で、温かい宿であった。
12/22宿泊 1泊2食付 8,500円
Tohoku 217.jpg
Tohoku 222.jpg
上:客室の窓を開けるとホームが 下:中山平温泉駅から見た三之亟湯(SLの向こう側の建物)

 - すべての記事一覧, 最近泊まった宿