*

「さっぽろ雪まつり」道外日本人観光客の減少は危険サインだ

恒例の「さっぽろ雪まつり」が終了した。好天に恵まれたこともあり、昨年より5万8千人多い215万9千人を記録した。 また、東アジアの人たちが長期休暇を取る「旧正月」と雪まつりの日程が3年ぶりに重なったこともあり、海外からの見物客が大幅に増えた。
また、JR北海道と航空各社は12日、さっぽろ雪まつり期間中の輸送実績を発表している。JRは道央圏の利用が前年同期を上回り、札幌近郊からの来場が復調傾向だったのに対し、空の便は多くの社が前年並みか微減と伸び悩んだ。
道内空港発着便は、全日空グループが同3.9%減の17万6千人、JALグループが4.4%減の17万4千人。新千歳-羽田線はスカイマークが2.5%減の1万6900人だったが、エア・ドゥは4%増の2万800人と伸ばした。
今年の傾向としては①外国人観光客が増えた②道内特に近郊からの来場者が多かった③航空機利用が減った⇒道外からの観光客が減ったということである。
最近、航空機の機材を小型化していることも関係しているかもしれないが、この時期は大型機材への変更や増便もある時だ。結論でいえば、やはり雪祭りに来る観光客が減っているということだ。
首都圏でも旅行会社の店頭に並ぶ雪祭り関連のパンフレットが年々減っている。ピークの頃の半分にもいっていない。以前は、「宿や飛行機の予約はお早めに」ということで、煽ったものだが、最近はそここそ混んではいるが、取れないことはない。ホテルもキャンセルが出るせいか直前になるとかなり値を落としている。
その代わり、「旭川冬まつり」が動物園効果もあり、はじめて100万人を突破した。「小樽雪あかりの路」も浸透してきている。道内各地で冬祭りが同時期に開催されるので、分散すること自体はいいことだが、札幌に関しては「高い」、「混む」、「つまらない」、「一度で十分」、「寒い」などの先入観が出来上がってしまっていてイメージ回復が必要である。
「ホワイト・イルミネーション」もそうだが、毎年同じことの繰り返し。鑑賞型から市内各地で市民&観光客が参加できるオール札幌のイベントにした方が盛り上がると思うが。毎年、終了翌日に取り壊される雪像を見るたびに大通公園でゴジラ(重機)が暴れているようで、複雑な思いがする。1区画でもいいので3月まで何か残せないものであろうか。

 - すべての記事一覧, 地域(札幌)