*

激動の1968年、「交通公社時刻表」で北海道を旅する

Photo0023.JPG
超多層列車急行「なよろ」・「かむい」・「るもい」・「ましけ」・「そらち」の時刻表 画面をクリックすれば拡大します
Photo0024.JPG
旭川発旭川行き急行「旭川」!!
先日のブログで「JTB北海道時刻表」が3月で休刊になることを書いた。予想外に多くの反響があったが、手持ちの道内時刻表ではもっとも古い1968年7月号の「交通公社北海道時刻表」を久しぶりにめくってみた。1968年といえば国鉄に限らず、路線バスを含め公共交通がもっとも華やかであった頃だ。
当時、管理人は6才であったが、68年の夏休みは蔵王と諏訪・蓼科へ行った。山形までは特急「つばさ」に乗車、勿論、新幹線ではなく気動車で5時間近くかかったが、憧れの長距離特急に乗れて嬉しかった。山形市内と蔵王温泉に泊り、当時定番コースであった蔵王エコーラインの定期観光バスに乗り宮城へ。仙台からは指定券が取れず、冷房のない旧型客車の臨時急行で帰ってきた記憶がある。
諏訪は祖父母の出身地なので毎年行っていたが、出発の朝、立川米軍基地から輸送される燃料貨物車が学生(過激派)の襲撃に遭い、線路は火の海。中央線は半日以上止まり、臨時の気動車急行で行った覚えがある。当時の新宿にはフーテンやヒッピーがいたことも微かに記憶している。同じ68年に「新宿騒乱」があった日は、小学校が新宿に近かったため、午前で学校が休校になり、親が迎えに来たことがあった。毎日がエキサイティングな1968年である。
さて、「交通公社北海道時刻表」を読むと面白い列車に出くわす。なかでも5つの急行を各地で連結、切り離す超・多層列車を発見した。その列車は、名寄・旭川・増毛・富良野発留萌・札幌・小樽行き急行列車(812D)で「なよろ」、「かむい」、「るもい」、「ましけ」、「そらち」として走っている。
まず、名寄5:48に出発する札幌行き急行「なよろ3号」は、旭川で7:30発小樽行きの「かむい1号」と留萌行きの「るもい1号」を併結する。途中、深川で「るもい1号」を切り離す。さらに深川では増毛から来た「ましけ」を連結する。同一列車で上り下りの留萌線列車の切り離し&連結の離れ業だ。さらに滝川では富良野7:17発の「そらち1号」を併結して札幌には9:49着。ここで「なよろ」と「ましけ」はお役御免となり、「かむい」&「そらち」が小樽へ向かい10:28分着。「なよろ3号」は夏季だけの運転のようである。
まるでパズルを解くような難解複雑なダイヤである。1等車も旭川-札幌間の「かむい」に連結しているが、翌69年からは何故か手稲まで1等車(この年からグリーン車に)を連結している。意味不明。
北海道にはこういった多層列車が国鉄末期まであったが、5列車というのは記憶にない。
もうひとつ面白い列車として、旭川発旭川行き急行「旭川」というものがある。旭川から石北本線で遠軽、名寄本線に入り、名寄から宗谷本線に入り、旭川に戻るもので上下1本ずつ運転されていた。このような循環型列車は、当時全国各地にあり、北海道では札幌発で倶知安から胆振線に入り、室蘭・千歳線経由で札幌へ戻る「いぶり」もそうであった。
また、急行「大平原」も面白い。士幌線の糠平と広尾線の広尾を結ぶもので途中、帯広を経由する。十勝バスではない。ネーミングもそのものズバリだし、きっとカニ族が沢山乗っていたのであろう。「大平原」は、広尾から国鉄バスで様似へ、さらに日高線の急行「えりも」で札幌へ行く周遊指定券も発売されている。
1968年7月の北海道旅行、羨ましい気がする。

 - すべての記事一覧, その他