*

「クアハウス屈斜路」が休館、最近影が薄いクアハウス

kua.jpg
クアハウス屈斜路のバーデンゾーン
川湯温泉のすぐ傍にある日帰り温泉「クアハウス屈斜路」が2008年3月末で休館することになった。弟子屈町の広報誌によると、創業から22年たって老朽化が進んでいるものの、改修費用に約2000万円が必要と見込まれるため、やむなく休館する。
川湯とは泉質は異なるが、クアハウスとして「平和島温泉」(会員になっていた時期がある)と同時期にできた「元祖」の部類。2度行ったがいつもガラガラで浴槽を独占していた。
管理人はクアハウスが一時、気に入り信州の野沢、かけゆ、東北の碁点、猪苗代などへ行ったが、そのうち源泉志向となり、健康増進施設のクアハウスから足が遠のいた。バブル期、ブームであったクアハウスだが、最近では影が薄くなった。やはり日本人には水着を着ての温浴は合わなかったのであろうか。
川湯をはじめ名湯が多い弟子屈町には健康増進型の立派な温浴施設を持つホテルもあり、クアハウスは必要ない気もする。
【参考】日本クアハウス協会HP

 - すべての記事一覧, 温泉