*

阿寒湖がICI石井スポーツと組み新たな試み、アウトドアの基地に成りうるか

特定非営利活動法人(NPO法人)阿寒観光協会まちづくり推進機構(釧路市、大西雅之理事長)は、登山・スキー用品販売大手のICI石井スポーツ(東京・新宿、松山盟社長)と共同で阿寒湖温泉のアウトドア基地化を推進する。周辺の山や湖沼を生かし、登山やウオーキングなどの受け入れ体制を整える。温泉だけに頼らない魅力づくりにより、地域全体の集客増を狙う。(7/9付日経新聞

阿寒湖周辺は素晴らしい自然環境に恵まれているが、なぜか印象が薄い。湖畔にある大型温泉ホテルや観光船、アイヌ土産物街などのイメージが強すぎて、アウトドアと結びつきにくいのだ。また、周辺の湖沼は立ち入り禁止地区が多く、気軽に散策できる場所はオンネトーあたりまで行かないとない。
ロケーションのよいスキー場もあり、本来はリゾート・アウトドア基地としての素養があるにも関わらず、1泊のみの滞在に終わっている。幣サイトのテーマである北海道観光の課題が集約したような地域であるが、最近は鶴雅グループの大西氏などを中心に何とか滞在型観光地に変えようといろいろな仕掛けをしているところである。
滞在型を目指すのなら高い宿泊費では成立しにくい。かといって現在の阿寒湖にはそれに見合う宿が少ない。トレッキングをしたい人は雌阿寒温泉(野中温泉)などに流れてしまうであろう。
魅力を訴えるには、これまで立ち入り禁止であったコースの一部開放を含め、温泉色からの脱却が必要である。ICI石井スポーツと提携するのはいいアイデアであると思うが、集客へは時間がかかる作業で、それほど大量動員は期待できない。一度、イメージが醸成された観光地が生まれ変わるのは至難の業である。

 - すべての記事一覧, 観光(北海道全般)