*

民営化した熊石ひらたない荘が新規オープン

hiratanai-1.jpg
hiratanai-2.jpg
hiratanai-4.jpg
かなりこじんまりした印象の新生・ひらたない荘 レストラン(RESTAURANT)のスペルが違っている 写真提供は「観光まるごと北海道」のK氏より
昨年10月に閉鎖された八雲町熊石の町営国民宿舎「ひらたない荘」が、「熊石ひらたない荘」として4月24日にオープンした。
新しいひらたない荘は、民間運営だが、昨年、町が老朽化し赤字が続いていた同荘について、建て替えのうえ経営を引き継ぐ事業者を、運営方針などを提案してもらうプロポーザル方式で公募した。町内、町外の各一社が応じ、結果、八雲町で温泉旅館を経営する「遊楽亭」を選んだ。このあたりの経緯は昨年のブログで紹介している。
老朽化した建物は11月に取り壊されたが、新たに地上2階地下1階、延べ1729平方メートル、客室数21の施設がつくられた。以前のものに較べるとこじんまりとしており、僅か半年余の突貫工事で建てたようだ。
客室は和洋室からシングルルームまであり、以前のものとは比較にならない。あとは中身がどう変わったか。
また、併設する温浴施設「あわびの湯」も町営から遊楽亭へ移管されたようだ。
17日には恒例の「あわびフェスタ」が同施設がある熊石青少年村で開催される。今年は熊石出身の伊吹吾郎がゲストで招かれ、水戸黄門ショー(?)が開催される。どんなことをやるのであろうか。
hiratanai-3.jpg
hiratanai-5.jpg

 - すべての記事一覧, 地域(函館・青森・道南)