*

湯田中温泉・まるか旅館(最近泊まった宿)

%E7%94%BB%E5%83%8F%20155.jpg
%E7%94%BB%E5%83%8F%20158.jpg
%E7%94%BB%E5%83%8F%20160.jpg
写真上から「まるか旅館」の入口 中:客室 下:客室から見た本館と湯屋
久しぶりにライフワークにしている古い木造建築の温泉旅館巡りをした。
渋・湯田中温泉郷には6つの温泉があるが、今回は長野電鉄の駅にほど近い湯田中温泉に宿を取る。最近では古い温泉情緒がある渋の方に人気があり、湯田中はやや寂びれた印象だ。
どこにするか迷ったが、初めての温泉地の宿を選ぶ時の目安として、源泉や外湯に近い、さらに温泉神社に隣接している小規模の古そうな宿を選ぶ。経験値からだが、だいたいこの基準を満たすものに外れはない(北海道は外湯や温泉神社がある温泉街が少なく、歴史が新しいためにこの基準が当てはまらない)。
今回、お世話になった「まるか旅館」は通りから奥まったところに位置する古い温泉宿である。隣が神社、いちばん大きな外湯「大湯」とも隣接しているので”いい宿”に該当する。
建物は本館と別館から成り、途中に湯屋がある。客室はかなり広めで、天然温泉の客室風呂まで付いている(残念ながらお湯は出るが栓が無く入浴は不可能)。部屋に風呂がついているのにトイレがないのは時代である。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20173.jpg
%E7%94%BB%E5%83%8F%20174.jpg
写真上:男性風呂 下:使用不可能な客室温泉風呂(カランに付着した塊がホンモノの温泉である証明)
浴場はこじんまりしているが、池を見ながら気持ちがいい。お湯は微かな硫黄臭である。湯田中自体、掘削のし過ぎで湯量が減っており、以前は大湯と同じ源泉を使っていたが、量が足らなくなり、他所から引湯しているという。
食事は朝夕ともに部屋食。家庭料理だが値段から考えたたら十分である。経営者の宮崎御夫妻もかんじがよく、知的な方だ。じゃらんや楽天でも高評価の宿である。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20178.jpg
%E7%94%BB%E5%83%8F%20190.jpg
写真上から夕食と朝食
5/16宿泊:1泊2食付 9,000円+冷酒1本 9,650円(じゃらんネットより予約)

 - すべての記事一覧, 最近泊まった宿