*

「えちぜん鉄道」のアテンダントにおもてなしの心をみた

%2709.05%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E6%B8%A9%E6%B3%89%20033.jpg
%2709.05%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E6%B8%A9%E6%B3%89%20038.jpg
えちぜん鉄道アテンダント乗車表示と車内アテンダント
先日、石川出張の帰り、福井で途中下車。以前から気になっていた「えちぜん鉄道」に乗車をした。
えちぜん鉄道は勝山永平寺線と三国芦原線の2路線から成る第三セクター鉄道である。かつては京福電鉄が運行していたが、1年間に2度にわたる正面衝突事故を起し、運輸省からはじめての「運行停止命令」が出され営業休止に。その前から大幅な赤字を抱えており京福電鉄は廃止を申請、2年近く電車が走っていなかったが、沿線住民の熱望を受けた結果、沿線自治体などが三セクを設立し、えちぜん鉄道として再出発した。
この鉄道には京福時代の1985年、1990年、2000年となぜか3度も乗車しているが、えちぜん鉄道になってからは初。女性アテンダントが有名で、「ローカル線ガールズ」という本にもなっている。車内アテンダントは、「しなの鉄道」が先輩だが、えちぜん鉄道は事故の教訓から、安全と顧客サービスを前面に打ち出し、乗車させている。
%2709.05%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E6%B8%A9%E6%B3%89%20034.jpg
Photo0001.JPG
えちぜん鉄道福井駅 下の写真は1990年 北陸線高架が完成しておらずJRホームからそのまま乗り継げた 番線も変わっている 251と書かれた電車は2001年に正面衝突で大破 運行停止へつながっている
管理人が乗車したのは三国線の三国港行き。三国港までは片道750円かかるが、当日は800円で2路線乗り放題の週末限定フリーきっぷを購入した。かなりお得なきっぷである。
電車が動き出すと、アテンダントの明るいアナウンスが始まる。アテンダントは車掌と観光ガイド、高齢者や子供連れへの介助など忙しく動き回る。「車内で何かお困りのことがありましたら、ご遠慮なくお申し付けください」 。大変丁寧で親切、決してマニュアル通りの事務的な笑顔ではなく、心から利用者に接していることが伝わってくる。
客とじかに接するために自動券売機は各駅で全廃され、車内でアテンダントからきっぷを買うが、床に片膝を付けて利用者に接する。鉄道でははじめて見た光景だ。運転席後ろには小さい子供を二人連れた夫婦が居たが、アテンダントは2才ぐらいの子供を抱きかかえて、景色を見せてあげている。この家族連れ、鉄道に乗るのが目的のようで、管理人と同じフリーきっぷを持っていた。地元の人間のようだが、”乗り鉄”で家族連れが来るなどこれまでにはなかったことであろう。
アテンダントは野球のユニホームのような制服を着ていたが、制服の上に、地元福井の独立プロ野球チーム・エレファンツのレプリカを被ったもので、この日限定のようだ。ちょうど沿線の三国球場で試合があったからで、このあたりにも地域密着が伺える。
終点まで乗ったが、ひとつ手前の三国駅が近づくと、アテンダントから東尋坊方面のバス時間の案内があり、わざわざ管理人の席まで確認に来られた(観光客に見られたか)。
%2709.05%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E6%B8%A9%E6%B3%89%20041.jpg
Photo0004.JPG
Photo0005.JPG
三国線終点三国港駅 現在と1990年 ほとんど変わっておらず自動販売機の位置も同じ
えちぜん鉄道のアテンダントを見てかんじたことは、楽しく仕事をしており、職業に誇りを持っているように見えたことだ。ローカル鉄道の車内でおもてなしの心をみたかんじだ。利用者の間にもすっかり溶け込んでおり、アテンダントの存在が鉄道再生へ向け、大きな位置付けになっているようだった。
合理化や人減らしこそがローカル鉄道の存続へ向けた絶対的条件だと思われているが、乗りたくなるような鉄道を提供することが基本であり、鉄道もサービス業なのだという原点に立ち返らなければ今後、廃止路線が益々増えて行くだろうと危惧している。ふるさと銀河線も「サービス」という発想があれば状況が変わっていたかもしれない。たかがアテンダントと思うかもしれないが馬鹿にしてはならない。
Photo0006.JPG
Photo0007.JPG
2000年撮影 上:東古市駅(現・永平寺口)に停車する永平寺行き電車 下:現在は廃線になった永平寺線

 - すべての記事一覧, 公共交通(鉄道)