*

バカラの「金森美術館」が閉館、ミュージアム観光は曲がり角か

函館市の観光地の中心部にある「金森(かねもり)美術館」が閉館したことがわかった。1989年に開館した当時は、仏バカラ社の高級クリスタル製品を常設展示する仏国外唯一の美術館として注目され、年間約3万人が訪れるなどにぎわったが、国内でバカラ社製品を扱う店が増え、近年は来館者数が伸び悩んでいた。(6/17付 読売新聞北海道版)

金森美術館は函館の赤レンガ倉庫近くに1989年オープン。館内には、バカラ社製の大型の花瓶や水差しなどクリスタル製品約60点が展示されており、バカラ社製品を常設展示するフランス以外では唯一の美術館であった。
開業時はバブル期、バカラブームとも重なり、開館後しばらくはグラスやアクセサリーを買い求めるバカラファンが相次いで来館し、ピーク時には年間約6000万円を売り上げたが、近年は来館者数が伸び悩んでいた。
バブル期には国内各地にアートミュージアムがつくられた。小樽には「北一ヴェネチア美術館」が金森と同時期につくられている。当時はバカラやヴェネチアグラスなどの高級品は東京でもなかなか手に入らず、わざわざ函館や小樽まで買いにきた客も多いようだ(管理人も母がヴェネチアングラスが好きなので小樽で買ったことあり)。
まもなくブランドガラスや食器などは百貨店に多数流通するようになり、さらに円高で欧州まで気軽に買出しへ行けるようになった。その後、ブランドものを取り扱う量販店などにも出回るようになり、その頃から飽きられ始め、さらに日本の長期経済低迷(不毛の10年)もあって、すっかりこれらの商品の価値は下がってしまった。最近ではウエッジウッドの倒産、バカラも米国資本になったようで、最顧客であった日本人が買わなくなったことが大きく影響していそうだ。
観光地にはお決まりのミュージアムが多数ある。欧州のブランドものの他に、よく見かけるものとして、テディベアミュージアム、トリックアート、片岡鶴太郎などで他にもありそう。どれも一見さん相手で全国展開しているのであろうか。
そろそろこういったミュージアムは飽きてきたこないか。日本人の目も肥えてきているのでこれからは難しいであろう。

 - すべての記事一覧, 地域(函館・青森・道南)