*

丹沢(菩提峠)スキー場跡発見!!廃スキー場の話をしよう

CA3A0208.JPG
CA3A0212.JPG
CA3A0211.JPG
丹沢・菩提峠スキー場があったと思われる場所 3月というのにかなりの雪があり運転も四苦八苦
2年前のブログで、「昔東京周辺にも天然スキー場があった1」という記事を書いたが今でも多くのアクセスをいただく。消えたスキー場の話が中心だが、管理人は「廃スキー場」や「廃リフト」、またリフト(索道)そのものにも興味がある。鉄道の廃線趣味や産業遺産めぐりに近い感覚だが、最近はスキー場の廃業や休業が多く、本格的に取組んでみたいテーマでもある。
上記の写真は「その2」で紹介をした神奈川県唯一の天然スキー場があった丹沢・菩提峠のゲレンデ跡と思われる場所である。場所は国道246を秦野市で県道70号線に入り、ヤビツ峠へ向かう。さらに進み富士見山荘を左折し、数百メートル登ると菩提峠に到着する。
ここに到着する1時間ほど前まで湘南の海岸線をドライブしており、気温は20度を越えて春も本格化。僅かの間に雪山に来てしまった。
当日(13日)は3日前の積雪がかなり残っており、菩提峠へ登る坂道は圧雪箇所もあったが何とか登りきった。ゲレンデがあった場所はここで間違いないと思われるが、植林や開発がされておりやや地形は変わっている。概ね200メートル程度の北斜面。積雪があった日から3日で既に雪は消えているので、いくら50年前とはいえ営業は無理だったであろう。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20054.jpg
%E7%94%BB%E5%83%8F%20055.jpg
30年前の貸しスキーがそのままになっている和田峠スキー場(‘09.6撮影)
上記2枚の写真は長野県下諏訪町に近いところにある和田峠スキー場のもの。廃止から約10年。リフトは撤去されたが、スキーハウスはそのままになっており、中を覗くと20年~30年前のスキー板と靴が並んでいた。実際に滑ったスキー場でも、既に御殿場市営、箱根駒ケ岳、霧が峰沢渡、磐梯国際、燕温泉、武尊オリンピア、新穂高ロープウエイなどが廃止になっている。
スキー場の変遷を見ていると日本の観光レジャー史が見えてきて面白い。これから折をみて道内も歩き、紹介して行きたいと思う。
廃スキー場について著した秀逸なブログ2本紹介する。
■「追憶のゲレンデ
■「MATY’s 庵 雪部屋

 - すべての記事一覧, スノーリゾート