*

JR北海道のキハ40が国鉄色に復元、鉄道ファン集客が狙いか

Photo0028.JPG
函館本線熱郛駅で交換待ちのキハ40(’88.10)
Photo0024.JPG
地上ホーム時代の帯広駅に停車するキハ40(’90.2)
Photo0025.JPG
札沼線石狩月形駅で交換するキハ40とキハ56(’92.5)
Photo0033.JPG
90年代以降に登場したお馴染みの北海道カラー(’93.12 砂川駅上砂川線ホーム)

旧国鉄時代の「朱色」に塗装し直した列車1両が14日、JR根室線を中心に運行を始めた。鉄道マニアには「柿色」と呼ばれる色で、釧路駅にはファンも集まり、郷愁に浸った。 (3/15付 道新)

国鉄末期に登場したこのカラーを「柿色」と呼ぶとは知らなかった。なかなか色名が出てこないのだが、「赤や朱色の国鉄カラー」と管理人は呼んでいた。最近は国鉄リバイバルカラーが増えている。特に国鉄時代からある古い気動車は全国各地で国鉄カラーに戻されている。先日、引退をした大糸線糸魚川-南小谷間を走っていたキハ52も元の色に最後は復元された。また、急行「能登」も「白山」時代の白を基調としたものから伝統の国鉄カラーに再塗装されていた。
JR発足後、各社は競うようにそれぞれのローカルカラーに塗装替えた。しかしながら新カラーが車両にマッチしたものは少なかった気がする。国鉄カラーを知っていることもあるが、鉄道車両はシンプルな方がよい。
JR北海道でも90年代に入るとクリームを基調とした北海道カラーに普通気動車が塗り替えられていった。キハ40や古いキハ56も新カラーとなったが、電車の711系はそのままの赤色で現在に至っている。過去の栄光に敬意を表してなのか、すぐに廃止する予定であったのか理由は定かではないが、711系を見ると正統派国鉄カラーの電車であり、誇らしげに見える。
この国鉄カラーへの復元、鉄道ファンを呼び込もうという狙いであろうか。確かにファンは集まってくるが、キハ40に引退も近づいている証でもある。
Photo0021.JPG
国鉄時代と同塗装で走る711系電車(撮影時期不明 銭函駅)
Photo0029.JPG
新塗装になることなく引退をしたキハ22系(’92.10東室蘭駅)
Photo0031.JPG
Photo0032.JPG
先ごろ引退をしたキハ52系(’97.11境港線)と横川駅で補助機関車を付ける「白山」時代の489系(’96.11)

 - すべての記事一覧, 公共交通(鉄道)