*

ホテルモントレ札幌 (最近泊まった宿レビュー)

アイボリーイエローの建物が目立つ「ホテルモントレ札幌」に連泊した。開業から十数年が経過しており、すっかり馴染んだ建物だが実は宿泊ははじめて。系列の「ホテルモントレ・エーデルホフ札幌」には7年前に一度だけ泊まっているが、このモントレチェーンは女性向けの印象があり、全国的にも泊まる機会がなかった
これまで一度も泊まらなかった最大の理由は札幌駅から石狩街道を渡った東側に立地していること。直線距離では近いが敬遠をしていた。今回、札幌駅から歩いたが、駅前広場から6,7分といったところで意外に近い。その間、建物も増えたので、外れにあるという印象は薄らいだ。
中は19世紀英国調(?)といったつくり。エントランスからロビー、客室までクラシックにまとめられている。最初は安物かと思ったが、調度品も決して悪いものを使っていない。ツインのシングルユースであったが、客室には空気清浄機があり、ネット接続も早く、アメニティの品揃えもよい。窓際にソファがあるが、座り心地がよく、思わず昼寝をしてしまった。客室は22平米なのでツインだとやや手狭感があるが一人では充分だ。
あまり期待していなかったが、朝食ブッフェも予想外に充実していた(1,848円)。後から聞いた話だが、モントレの飲食部門の評価は市内ホテルの中でも高いらしい。朝食が美味しいホテルはいっきに印象がよくなる。
日・月宿泊にも関わらずかなり混んでいた。泊り客は若いカップル、夫婦、女性グループなどが目立ち、ビジネスマンは少ない。予想通りだが、これだけ女性が多いということはモントレ・ブランドが女性客に支持されている証であろう。
カップル、家族(夫婦)旅行でも女性の意見(私はここに泊まりたい)は強い。決定権が女性にあるとすれば、モントレは強いホテルだと思った。管理人のような男性は、こういったホテルを敬遠してしまう傾向があるが決して悪くなく、偏見もあったかもしれない。また、ここはブライダルも強いらしい。
エーデルホフのスパで使える入浴券が付いていたので、久しぶりに足を運んでみた(通常は宿泊者1,500円)。15Fにあるが、JRタワーのスパを小さくしたような施設。小さい露天があり、市内が見渡せるが温泉としての質感をあまりかんじない。これはJRタワーも同じだが、市内ホテルの温泉は西7か9付近(石山通り付近が境界?)で泉質が変わっているようだ。
たとえば西1から西5付近に立地するエーデルホフ、JRタワー、ジャスマック、アートホテルなどは透明湯で匂いや肌にまとわり付く触感も乏しい気がする。これが石山通り付近から西側、たとえばパコジュニア札幌、プリンスホテル、弥生会館(極楽湯)になるとモール泉のような色になり、かなり肌にまとわり付く感じになるから面白い。余談だが。
今回、宿泊をしたモントレ札幌、エントランスの扉が自動ドアでなく、木の扉を手で開けなければならない、タクシーが停車していない、フロントの対応も含め気になった点もあるが、全体的にみればよかった。特に若めのカップルや夫婦には特におススメだ。
6/27・6/28宿泊:ツインシングルユース2泊11,000円(スパ券付き朝食別)*じゃらんネット連泊プランより予約
客室からはJRタワーや札幌駅に発着する列車、また多くの都市間バスが見ることができた

 - すべての記事一覧, 最近泊まった宿