*

旅行商品型レンタカー予約サイトは最安値? 北海道ツアーランドの例

以前、格安レンタカーの代表、ニコニコレンタカーを使ってみた感想を拙ブログで書かせていただいだ。かなり多くのコメントをいただいているが、なかなか手厳しいものが多い。北杜の窓の趣旨とはずれてしまうので、敢えて返事を差し上げていないが、格安レンタカーの問題点も見えてきた。
また、大手レンタカー会社の北海道夏季料金や免責保証・乗捨料金に関する疑問も書いた。大手・格安レンタカー会社それぞれ問題点はあるが、総合的に判断をすると格安レンタカーは意外と安くない。大手レンタカー会社も地域や営業所ごとに割安商品を出しており、クルマが古く、店舗でトラブルも起きている格安のどちらかを選択するかは使い道等での利用者の判断次第である。
管理人は道内をレンタカーで移動するケースが多いが、数日~1週間程度借りるので価格には敏感だ。レンタカー会社の会員になっても、せいぜい正規料金の30%OFF程度である。コンパクトカーでも一日平均5千円が相場だが旅行会社を通すと安いことは以前からわかっていた。
たとえば、航空機とホテルが1泊付く募集型企画ツアーに申込むと同時に格安でレンタカーが借りられる。免責込みで一日4千円程度、これからのシーズンは3千円以下のものもザラである。これらは旅行商品扱いとなり、原則ツアーを申込まない限りは利用できない。
ところが最近になりツアーに参加しなくてもレンタカーのみでもOKのものを発見した。北海道ツアーランドという旅行会社の予約サイトから申込むとレンタカーだけでもOKで、格安だ。ポータル系なので条件を入力すると契約しているレンタカー会社の商品が複数出てくる仕組みだ。
先日、函館から札幌まで4泊5日で借りたが、マツダレンタカーのデミオで18,600円、これで免責込みである(乗捨て料金7150円は別途)。マツダweb会員向けのいちばん安い商品で申込んでも免責を入れると26,000円を超えてしまうのでかなり安い。ジャパレンなどは更に安く出しているので、ツアーランドからの予約はお得だ。
しかし、旅行商品扱いなのでいくつか制約もある。まず、申込みは二日前までで、延長などは出来ない。もし、する場合は契約しているレンタカー会社の料金に準ずるかたちとなる。ツアーランドはもともと株式会社バムという沖縄の会社であるが、あちらでのビジネスモデルを北海道に持ってきたのであろうか。
便利で、格安のサイトを知ったが、これまでレンタカー会社の会員となり、安い商品を探していた労力は何であったのか考えさせられてしまった。格安レンタカーよりも安く、最安値といってもよいのではないか。
このレンタカー各社の縦断型予約検索サイトはビジネスとしても魅力的だ。

 - すべての記事一覧, 公共交通(全般・他の交通)