*

いよいよ「札幌ドーム」がネーミングライツ売却 北の大都市に相応しい名前を期待する

札幌市は26日、北海道日本ハムファイターズやコンサドーレ札幌の本拠地、札幌ドーム(札幌市豊平区)の命名権(ネーミングライツ)を売却することを決めた。年明けにも公募を始める。期間は来年4月から5年間。売却額は年5億円程度を想定しており、市は向こう約20年間で約200億円と試算される改修費に充てる方針だ。 (10/26付 朝日新聞北海道版)

来年は10周年を迎え、今後、暖房や給排水設備、屋根の防水や芝の張り替えなどの改修にかかる費用は約20年で200億円以上と見込まれている。この改修費を確保するため、命名権を売却することになったという。

売却額は、ヤフードーム(福岡市)の年間5億円とほぼ同額を想定し、期間も同じ5年とする意向だ。年内にも、選定委員会を設け、買い手としてふさわしい企業の基準を設定。来年早々に公募を始め、2月には売却先を決めたいとしている。

札幌ドームは10年3月期決算まで、ドーム開業以来9期連続で黒字を確保した。昨年度の総来場者数は過去最多の307万人を記録したが、本年度は、9月末現在で約192万人にとどまっている。

 

いよいよ「札幌ドーム」の名称が売りに出された。市が公共施設の命名権売却先を探すのは、今年4月に売却した「ニトリ文化ホール(旧さっぽろ芸術文化の館ホール)」(中央区)と、現在も買い手が見つかっていない「札幌市民ホール」(同)に次いで3カ所目。 ニトリ文化ホールについては3月の拙ブログで紹介した。

命名権売却の話は今回が初めてではなく、2007年2月にも浮上していたが、見送りになっていた。今、日本中にどのくらいのネーミングライツされた体育施設やホールがあるのであろうか。

プロ野球のスタジアムは流石に過去と今が一致するが、Jリーグとなるとチーム数も多く、わからなくなってくる。特にJ2は地元企業も多く、「レベスタ」・ 「ニンスタ」・ 「ベアスタ 」・「カンスタ」 と云われてもどこのチームの、何をやっている企業は一致せず、ネーミングライツの意味がわからない(「正田スタジアム」や「ポカリスエットスタジアム」などはブランド力があり、チーム名・ホームタウン・企業名が一致する)。

今年、リニューアルしたセレッソ大阪のホーム・「金鳥スタジアム」も当初、長居スタジアムから変わったものだと思っていたが、観客数が少ないので以前使っていた第二競技場を改装したものだと決め込んでいた。実は今までJリーグでは使用されなかった長居球技場(おもにラグビーなど)を改装して、メインスタジアムにしたことがネットで調べてわかった。まあどこでもいいが、ネーミングライツは慎重に行わなければならない。

最初のネーミングライツは横浜国際競技場が「日産スタジアム」と命名した時だ。この時はブランド的価値が高かった。地域と企業名の調和が取れていたが、最近ではその新鮮味が薄れている。

最近、地方自治体のHPや広報を見ると広告を入れているのが当たり前となっているが、ただ「やってますよ」だけではその効果は疑問である。広告収入を取るのもよいが、会場の利用率をもっと上げることに力を注いだ方がよいのでないか。

札幌ドームが「ホクレンドーム」になるのか「ニトリドーム」になるのか知らないが、最低限、地域に根付いた企業(ブランド)であるのが条件である(現在の道経済で5億円を払える企業は限られてくる)。

ネーミングライツの怖さは地域色が薄れてしまうことである。J2のように地元企業が多くスポンサーに付く例もあるが、全国的に見れば、「札幌」が優先順位のいちばんのはずである。

昔は「大阪球場」と云えば、大阪・難波・電鉄・南海ホークスがすぐに連想された。今は「クリネックス」になっている県営宮城球場もくしゃみが出そうでしっくり来ない。趣旨は異なるが、管理人が小学生時代に通ったロッテ本拠地「東京スタジアム」(味スタとは別物)は都内外れの南千住にあったが、球場を作った永田雅一氏の東京一の球場と球団にするという意気込みをかんじる。

このままでは、甲子園球場と神宮球場ぐらいしか元の名で残らないかもしれない。

【参考記事】「札幌ドーム命名権売却と公共性」(2007.02)

 - すべての記事一覧, 道産子スポーツ