*

まもなく取り壊される民衆駅「旭川」と新駅

’11.03-4Hokkaido 425  ’11.03-4Hokkaido 437  ’11.03-4Hokkaido 426

 新駅が誕生してから初めて旭川駅へ行った。買物公園側から見ると旧駅舎はそのままの姿で残っているが、既に活用はされておらず、その奥に新駅舎があった。また、旧ホームの解体が進んでおり、正面のメイン駅舎もまもなく、姿を消すことであろう。

 

函館駅や帯広駅建て替えの際もそうであったが、新駅(ホーム)が昨年10月に完成し、稼動を始めたあとに旧駅が取り壊されて行く。旧駅舎は、国鉄「民衆駅」であり、かつては地下にステーションデパートがあった。ここにあった「蜂屋支店」のラーメンが旨かった。

’11.03-4Hokkaido 422    ’11.03-4Hokkaido 438 ’11.03-4Hokkaido 449

新駅は東西に改札口があり、南北にも自由通路がある。駅舎ではないが、4/1には中心街と駅南口神楽地区を結ぶ「氷点橋」が完成している。新駅のコンコースは大変広々としており、ゆとりがある作りとなっている。無機質なかんじはするが、新しいものなので仕方ない。

新駅ホームはこれまでよりも南側、ちょうど富良野線乗り場付近に作られている。ホームは、島式ホーム3面・単式ホーム1面、合計4面7線のホームを持つ高架駅である。富良野線も同じホームから発車をする。目を引いたのは、「乗車口案内」である。列車ごとに、編成と乗り場がひと目でわかる便利なものだ。

管理人は13時13分発の「オホーツク4号」に乗車した。13時に出発した「スーパーカムイ」に乗れば始発で確実に座って行けるが、”旅気分”が味わえるオホーツクにわざと一本遅らせてみた。乗車した2号車は指定席と自由席の混合だが、「乗車口案内」のおかげで、迷うことなくスムーズに乗ることができた。

旭川の新駅舎、帯広にかんじは似ているが、こちらの方が列車の本数も多く、全体的に豪華なつくりだ。北海道第二の都市に相応しい駅と云ってよいであろう。

これで道内の民衆駅で残っているのは釧路駅のみである。

余談、旧駅舎の写真(最上段真ん中)はエスタの飲食店街「四川飯店」から撮ったもの。北海道は本格的な中華料理店が少ないが、旭川に来るとここへ寄らせてもらう。

 

’11.03-4Hokkaido 443’11.03-4Hokkaido 451 ’11.03-4Hokkaido 445

 - すべての記事一覧, 地域(道北・旭川・富良野)