全記事一覧

3/48ページ

パコのコンドミニアム型ホテル「スパ&カーサ函館」体験宿泊レビュー

  函館にホテルパコグループが運営するコンドミニアムホテル「スパ&カーサ函館」が昨年8月にオープンしたことはFacebook版の拙サイトで何度かお伝えしているが、遅ればせながら体験宿泊のレポートをさせていただく。 このスパ&カーサ函館、昨年12月までは無料体験宿泊キャンペーンを実施していた […]

本年もよろしくお願い致します

このブログ版は2004年スタートなので随分と長くなりました。最近はfacebook版が主体となっていますが、定期的に更新は続けてゆくつもりです。 このところ産業としての観光がクローズアップされるようになりました。昨年の訪日外国人は約1,300万人に達し、日本経済にかなり貢献していることは間違いありま […]

NHK朝ドラブームと北海道観光「旅路」から「マッサン」まで

  雑誌「旅」1967年7月号の北海道特集と当時のNHK朝ドラ「旅路」のヒロイン日色ともゑ 高倉健さんが亡くなられたが、これほど北海道が似合った役者はいなかった。道内でロケをした作品は30以上あるということだが、作品を通して北海道観光の発展にも多大な貢献をされている。ミスター北海道観光大使 […]

航空会社の株主優待券について考える

航空会社の株主優待券を使われたことはあるであろうか。普通運賃の半額で利用でき、扱いはノーマル航空券に準ずるので便の変更や繁忙期の利用も可能である。マイレージのみ75%であるが、使い勝手のよいものといえよう。 管理人も最近はこの優待券を利用するようになったが、その理由のひとつに優待券の相場ダウンがある […]

観光立国を目指すのであれば。。観光バスガイドの技術伝承と何らかの資格制度を

写真左 ・北海道中央バス3か国語対応二階建定観バス(この車両は先日引退) 右・ 江ノ電バス定観「よりとも」号 道は本年度、人手不足が課題となっている道内観光バスの運転手ら乗務員確保に向けた支援事業を初めて実施する。道内では外国人客を中心に観光需要が伸びる半面、運転手やガイドは減少傾向にある。この問題 […]

釧路キャッスルホテルが民事再生「センチュリーロイヤル傘下へ」

  左からホテル客室から見た幣舞橋 右は幣舞橋から見たホテル 地場大手の釧路キャッスルホテル(反保宏士郎社長)が経営に行き詰まり、4日にも民事再生法の適用を申請する方針を固めたことが3日、明らかになった。負債総額は約10億円とみられる。地元資本の別のホテル運営会社が経営に加わり、営業を続け […]

ホテルのベストレート(最低価格保証)は必要か

最近、ホテルの「ベストレート」や「最低価格保証」(ベストギャランティ)という言葉をよく耳にするようになった。拙サイトでも何度かこのテーマを紹介しているが、簡単にいうと、同月、同日、同条件で、そのホテルの宿泊予約をするときに、そのページで表示されている料金が、他サイトよりも安い事を保障するというものだ […]

山椒は小粒でも….ノンブランドのスキー場や地域でも外国人呼び込みは可能ではないか

千歳市は、ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(GC、千歳市蘭越)から打診を受けていた、スキー体験を希望する冬期間の外国人観光客を市内泉沢の千歳市民スキー場で受け入れる。同GCが冬期間、クラブハウス周辺で展開している「ノース・スノーランドin千歳」の来場者が急増し、併せてゲレンデスキーの要望があるためで […]

シニア層の呼び込みは限界?「北海道暮らしフェア2014」を見て

北海道への移住や「ちょっと暮らし」を紹介するイベント、「北海道暮らしフェア2014」が9月23日、浜松町にある東京都立産業貿易センターで開催された。このフェア、元々はI・Uターンと絡めた移住&就活イベントであったが、道内の仕事が減り、10年ほど前からは、団塊世代の大量退職を見越した中高年向けのものに […]

劣化した「みどりの窓口」あり得ないキップを発券したが、ここにもJR合理化の弊害か?

急遽、買い直した乗車券 先日、北陸旅行の2日前に地元の「みどりの窓口」に特急券と乗車券を求めに行った。特急券は長野新幹線で東京から長野までの指定券で乗車券は北陸線の敦賀まで購入した。長野から敦賀までは信越線で直江津へ、そこからはいっきに北陸線で敦賀までである。帰路は東海道線新幹線に決めており、JRの […]

新幹線開業前夜の北陸路をレポート(2) 直江津-富山-金沢-福井

左 青塗色の50年近く頑張る元急行車両 右 トンネル筒石駅と女性駅員 東京から長野新幹線で長野、さらに信越線に乗り継ぎ直江津へ。ここからは北陸本線に乗って西を目指すことに(前回のリポートはこちら)。 直江津14時51分発始発の富山行普通列車に乗車。ホームには見慣れないやや毒々しい青に塗られた古い電車 […]

新幹線開業前夜の北陸路をレポート(1) 東京-長野-直江津

  左からE7系「あさま」 中と右 元「あさま」の「妙高」と車内 9月11から14日まで3泊4日で北陸を周遊して来た。目的は北国街道や北前船で栄えた湊町散策と北陸新幹線開業を前にした現地の様子を知りたく旅に出たが、本州の旅でもどうしても北海道がテーマに絡んでしまいどこへ出かけても離れられそ […]

釧路駅名物駅弁「いわしのほっかぶり寿司」の元祖はどちらか

JR釧路駅の名物駅弁「いわしのほっかぶりずし」のすしねたが今春から、約20年ぶりに釧路産マイワシに切り替わっている。弁当発売直後に道東沖のマイワシが不漁に見舞われやむなく米国産や千葉県産を使っていたが、近年の豊漁で地場産が手に入るように。製造、販売する業者は「胸を張って釧路の味をPRできる」と喜んで […]

ラビスタ函館の人気はホンモノか

函館市豊川町のホテル、ラビスタ函館ベイ(鈴木厚志総支配人)の宿泊客が22日、100万人に達した。2008年4月の開業から6年5カ月での達成。記念イベントがあり、節目の客に記念品が手渡された。(8/24付函館新聞) 歴史は浅いが今や函館を代表する人気ホテルとなった「ラビスタ函館ベイ」。100万人突破は […]

北杜開設10年を前にリニューアルを開始

  サイトの構成を少し変更してみた。これまで上段バーには、「北杜の窓とは」・「運営」・「書籍・リンク」・「お問合せ」の各欄があったが、「北杜の窓とは」(立ち上げ動機や趣旨を説明)などは10年前の文章であり、時代とそぐわない内容になっていたので、その他も含めて一度外させていただいた。但し、『 […]

緊急提言 札幌市内のホテルは適正価格で提供を

7/19の空室状況 左 るるぶ.com  右 booking.com   7月3日の拙ブログ「高額な夏の北海道旅行、これでは旅行機会を失ってしまう」では今週末の連休をはじめ、夏休み期間中の札幌のホテルが取り難いことや料金の高さについて紹介をした。 その後、ブログを読んだ方からホテ […]

ルタオが函館土産に参入・格差が大きすぎる観光菓子業界

小樽の洋菓子ブランド「ルタオ」を展開するケイシイシイ(千歳市)は函館の土産品卸と組み、同地域を対象とした土産菓子のブランドを新設する。道南の海産物を使ったシリーズ商品で、今月末に第1弾を出し、順次増やしていく。北海道新幹線の開通で同地域の土産市場の拡大が見込めるため。開通に先駆けて商品を投入し、ブラ […]

ファイターズがタブー(?)であった東京時代のユニホームを解禁

  日本ハムは4日、1982年から92年まで使用したオレンジを基調としたユニホームを着て計7試合戦うと発表した。 札幌ドームで行われる8月21日の楽天戦と22~24日までの西武戦、かつての本拠地である東京ドームで主催する29~31日のロッテ戦で着用する。(7/4付 スポニチ) 昨日の大谷、 […]

高額な夏の北海道旅行、これでは旅行機会を失ってしまう

7月に入り、北海道は本格的な観光シーズンに突入した。このところ外国人観光客が多いせいもあり、賑わっているなあという印象であったが、今年の夏休みは相当に混み合っている。特に19日(土)からの3連休がピークのようであるが、国内線や宿泊の予約を見ていた驚いたことがある。混雑しているのは最初から織り込み済み […]

モニターツアーは参加しやすいよう手が届くものから始めよう

北海道の礼文島観光協会は今夏、礼文島に宿泊すると、帰りのフェリー代が無料になる観光キャンペーン「礼文島へGO! モニターツアー募集キャンペーン」を行う。高山植物が咲き乱れるベストシーズンに、たくさんの観光客に訪れてもらうのが狙い。16日から、募集を始めた。(6/19付 時事ドットコム) 前回の拙ブロ […]

この夏の「札幌長期滞在モニター」を募集

  さっぽろ広域観光圏推進協議会はこの夏(7/1-9/30)の間、札幌市とその近郊の同一宿泊施設に5連泊をした人を対象に2万円のキャッシュバックをするキャンペーン「札幌長期滞在モニター」を実施している。条件はいくつかあるが、道外在住で、観光を目的の人が対象となり、長期滞在モニター用の「さっ […]

釧路空港を東北海道空港へ、新幹線新駅の呼称問題と比較してみる

釧路空港の愛称として親しまれている「たんちょう釧路空港」を「東北海道空港」などに改める案が、釧路管内の自治体や経済団体の間で浮上している。道内観光客の多いアジア地域では「釧路」の知名度が低い一方、「北海道」ブランドが浸透しているためで、釧路市などは近く、変更した場合の効果や費用、今後の進め方などの検 […]

ホテル版のセイコマ? 道内限定のパコチェーンを語る

温泉誕生を告知のパコの広告(1998年) 道内では先駆けとなる温泉付きビジネスホテルだ 北海道主要6都市でビジネスホテルを展開する「ホテルパコグループ」の一員で、よりグレードを高めたプレミアパコの3ホテル(※)を運営する北海道PKホテルマネジメント株式会社(本社:北海道札幌市中央区、代表取締役:藤渡 […]

旧日銀釧路支店を釧路中心街再生の拠点に

釧路市内の幣舞橋のたもとに建ち、モダンなデザインで知られる築62年の日本銀行旧釧路支店について、同市が保存に向け購入を検討することが2日、分かった。耐震改修や維持のための費用を試算し、今秋にも取得可能かどうか判断する。 (6/3付 道新) 釧路名物の霧にも似合う旧日銀 隣の尖った建物は釧路キャスルホ […]

相鉄に買収されたサンルートチェーンを語る

開業当時のサンルートニュー札幌の広告(1988年頃) 神奈川県が地盤の鉄道会社、相鉄ホールディングスは30日、JTB傘下でホテルチェーンを全国展開するサンルート(東京・渋谷)を買収すると発表した。2020年の東京五輪に向けて増える外国人観光客などの需要を取り込む。沿線住宅地の少子高齢化で本業の鉄道事 […]

「はやぶさ」と「横須賀線」を利用してグリーン車とグリーンアテンダントについて考察

E5系「はやぶさ」のグリーン車 フットレストがない 少し前の話だが、4月に青森から東京まで「はやぶさ」のグリーン車に乗った。東北新幹線のグリーン席は何度か乗車しているが、E5系のそれは初めてであった。乗って驚いたのは足元のフットレストがなくなっていたことだ。足置きのことであるが、足台を一回転させれば […]

LCCの旅行形態は「安く長く」、これは北海道旅行と好相性である

格安航空会社(LCC)利用客の旅行形態は「安く長く」――。沖縄県が観光客に実施した調査で、このような結果が出た。沖縄旅行にLCCを使った観光客の消費単価は1人5万9250円で、既存航空会社を使った観光客の平均(6万8031円)より12.9%低かった。「旅先ではぜいたくを」という地元の期待通りとなるに […]

テレビ東京「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」とTBS「そこが知りたい・各駅停車路線バスの旅」の近似性

最近、キー局幹部が恐れている番組は土曜日の特番枠でOAされるテレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」。その理由は脱力感漂う、ゆる~い旅番組にもかかわらず毎回、叩き出す高視聴率だ。テレ東が東京・虎ノ門にあることから、「虎ノ門の奇跡」と呼ばれている。(5/25付 日刊ゲンダイ) 太川陽介と蛭子能収、 […]

臨時特急北斗乗車記 クリスタル車両は快適で疲れなかった

   代替車両による運転が続く札幌-函館を結ぶ特急「北斗」だが、現在、3タイプのリゾート列車が運行されている。昨年から「ニセコエクスプレス」車両と「ノースレインボー」車両が運用されていたが、4月からはトマムサホロで知られているクリスタル車両が投入されている。当初は金土日と祝日のみ […]

1 3 48