公共交通(航空機)

3/3ページ

スカイマーク札幌線搭乗記

羽田ではターミナルから直接搭乗できるが千歳では「路線バス」利用である 9/7にスカイマークの東京札幌線を利用した。スカイは初めての搭乗である。 当日、同時間帯のJAL、ANAは満席であったが、スカイは空席目立ち、B767機の乗客は150人程度、約6割の搭乗率であった。  今回、急な予約であったため、 […]

空港とネーミングライツ

釧路市の釧路空港ビル(中島守一社長)は同空港に「たんちょう釧路空港」の愛称を付けることを決めた。二十日の株主総会で報告する。 国の特別天然記念物で釧路の象徴でもあるタンチョウの名を使うことで、釧路の知名度向上を狙う。今後、航空会社、釧路市など関係機関に提案し、早ければ十月にも使用を始める。(北海道新 […]

エアトランセはどこへめざす?

新規航空会社「エアトランセ」(本社・函館市)が道内の都市間を結ぶ路線に就航してから1年が過ぎた。業界では珍しい女性社長が話題となったが、初年度決算は赤字だった。新規路線の需要の掘り起こしが進まず、冬の悪天候で予想以上に欠航が多かったことなどが要因という。(朝日新聞より) 帯広のエア・シェンペクスの事 […]

新千歳線集中による道内地方路線への弊害

スカイマークエアラインズが片道1万円の格安運賃で就航したことで新千歳-羽田線の運賃はいっきに下がった。利用者にとってはありがたいことだが、他の道内空港と羽田を結ぶ路線と運賃格差が生じ、乗客離れの危機が起きている。 たとえば帯広-羽田線の場合、正規運賃が片道約3万4千円、1週間前までに購入をする特便割 […]

1 3