公共交通(バス関連)

4/4ページ

函バスがボンネットバスによる函館市内観光を開始

北海道新聞によると函館バスがボンネットバスを購入し、定期観光バスや貸切用に使用する。この古いバスは「函館浪漫号」の愛称で28日から市内観光に登場する。 最近、レトロ風のボンネットバス(実は新しい車両)は各地で見かけるが、ホンモノのボンネットとなると出所が限られている。四国から購入したとあるが、ボンネ […]

ツアーバスと定期バス、高速バスに関する呼び方の統一を

先日、長野県から大阪へスキーツアー客を運んでいたあずみ野観光バスの事故は、大きな社会問題となった。先日のNHKクローズアップ現代でも取上げられていたが、零細バス会社のその過酷な状況が明らかになった。 朝日新聞によると今回の白馬-大阪チャータを1台あたり運転手2名で5万5千円で旅行会社と契約していたと […]

沿岸バスにみた地方交通事業者の新たな動きと流れ

留萌地方を中心に日本海オロロンライン沿いに路線を伸ばす沿岸バス(本社:羽幌)のチョロQが大人気で売り切れになったと朝日新聞や日刊スポーツなど全国版紙面で取上げられた。 沿岸バスは、旧羽幌線沿線がエリアのローカルバス会社であるが、ご他聞に漏れずにバス事業では路線の廃止などが相次ぎ苦戦している。ところが […]

楽天なども参入 激安ツアーバスについて語る

今朝(15日)のNHK「おはよう日本」で観光バスを利用したツアーバスについての特集をしており、そのなかで北海道が重点的に取上げられた。 ツアーバスについてはこれまでも何度か紹介したが、要は定期(正規)の高速バスではなく、旅行会社が主催し、バス会社からチャーターをして扱うもので大きく分類すると都市間輸 […]

“バス王国”の北海道だが

札幌市の中心部にいると多くの大型バスを見かける。特に貸切観光バスと都市間(高速)バスが目立ち、路線バスは意外と数が少ない。観光王国・北海道なのでツアーバスが多いのは当然であるが、北海道のバスの特長として早い時期から都市間バスが発達していたことがある。 今でもドル箱の札幌・小樽線は戦前から、札幌・室蘭 […]

JRバスのバス停QRコードが好評

 ジェイ・アール北海道バスが札幌、小樽など道央圏の停留所約1300ヶ所で4月から掲示したモザイク状の四角いバーコード「QRコード」を通して、同社の携帯サイトへのアクセスが殺到。携帯電話の画面に時刻表を映し出すためで、主に高校生や大学生らの利用とみられ、8月も接続件数は一日平均2千件を超えている。(北 […]

何と「東京-札幌間」高速バスが登場(ウィラートラベル)

12日発行のメルマガで東京-函館間の高速バスきっぷ(国際興業)が登場したことを書いたが、東京-札幌を結ぶ高速バスがあることがわかった。正規の高速バスではなく、昨日のブログでも書いたような旅行商品扱いのツアー型バス(スキーツアーバスなどど同じ)である。主催するのはウィラートラベルというツアーバスに特化 […]

1 4