*

●3月26日~4月9日までの道内ニュースクリッピング

画像 017.jpg
■1■星形も見えるよ 新五稜郭タワー(3/28朝日)
4月1日にオープンする函館市の新五稜郭タワーが完成し、27日、関係者らに公開された。新タワーの高さは、避雷針を含めると107メートル。展望台は高さ90メートルで、これまでは全体が望めなかった五稜郭も星形がはっきりと見えるようになった。さらに五稜郭の復元模型や、歴史にまつわる場面を模型で再現している。
■2■北海道の観光コース紹介 シンガポールで初のセミナー(3/28道新) 
道内の観光関連業者らでつくる北海道シンガポール観光プロモーション訪問団が二十七日、北海道人気が高まっているシンガポールで、現地の旅行代理店やマスコミ向けに道内観光の魅力を紹介する初の観光セミナーと商談会を開いた。 セミナーでは、定番の温泉や海鮮料理、自然景観に加え、札幌でのプロ野球観戦や各地のテーマパークなど最新の観光情報やモデルコースを紹介。
■2■星野リゾート、一足早く入社式・新人は倍増の42人(3/30日経)
星野リゾートは29日、同社が運営するホテルブレストンコートで他社より一足早く入社式を開いた。リゾート施設の運営が忙しくなるゴールデンウイークを控え、少しでも早く新入社員を迎え入れるためという。 新入社員は42人で05年度の23人から大幅に増やした。
■3■ニセコ地域、豪州人観光客急増で経済効果100億円(3/30日経)
日本貿易振興機構(ジェトロ)北海道貿易情報センターは、豪州人スキー客が急増するニセコ地域の報告書をまとめた。コンドミニアム建設や宿泊などで、2003―05年の3年間に計105億円の経済波及効果があったと試算。600人程度の雇用も創出されたとしている。
■4■4月廃止 銀河線 存続かけ最後の攻防(3/31朝日)
北海道東部を縦断する第三セクター鉄道「ふるさと銀河線」が全線廃止を4月21日に控え、名残を惜しむファンでにぎわっている。廃止直前に投票がある合併に伴う北見市長選では、鉄路を残して復活を探るという立候補予定者が現れ、廃止への段取りを進め、今回も立候補する旧北見市の市長に対抗、存続をめぐり最後の攻防が展開されている。
■5■札幌トレンド 大変貌の予感―地下道計画(4/1朝日)
JR札幌駅前と大通周辺。札幌の2大商圏を地下道で結ぶ事業が、この春以降、本格的に動き出す。駅前の「一人勝ち」だった人の流れが、再び変わろうとしている。今回、実現するのは「札幌駅前通地下歩行空間」。総工費200億円で地下鉄さっぽろ駅から大通駅間の680メートルに幅20メートルの地下道を掘る。10年度に開通予定だ。
■6■ボルタ:「鉄の町室蘭」をアピール ボルト人形発売(4/1毎日)
「鉄の町室蘭」をアピールしようと、新日鉄室蘭製鉄所のお膝(ひざ)元室蘭市輪西町の商店主らで作るまちづくり団体「てつのまちぷろじぇくと」(川原隆幸代表)が、鉄製ボルトを組み合わせた人形「ボルタ」を1日から発売する。基幹産業の鉄鋼業は自動車メーカーの増産などでフル操業が続いており、「鉄冷え」から息を吹き返した室蘭の新しいシンボルにしたい考えだ。
■7■ひらふ地区 コンドミニアムに高さ制限(4/3朝日)
後志支庁倶知安町が、豪州スキー客が急増中の「ニセコひらふ地区」を、建物の高さ制限などを設ける「景観形成地区」に指定した。豪州人向きの分譲マンション(コンドミニアム)などが次々と建っているため、基準を設けて自然に調和した景観を守ることなどが目的。町役場で3日、町長と住民代表が協定書に調印する。
■8■春のバル街:函館で飲んで散策、今回は50店が参加(4/5毎日)
歴史的建築物が並び、港町の風情がある函館市西部地区で16日、飲食店などを回数券を使ってそぞろ歩く「春のバル街」が行われる。過去4回は平日夜だけの開催だったが、「仕事で平日は行けない」との要望を受け、初めて日曜日に開く。参加50店のうち18店が午後2時から店を開け、家族連れや高齢者にとっても楽しみやすくした。
■9■羽田~新千歳線 割引運賃値下げ(4/5朝日)
日本航空は、6月からの羽田~新千歳線の割引運賃をさらに引き下げることを決め、4日、国土交通省に届け出た。6月はスカイマークエアラインズの就航から1カ月ほど経過し、スカイ社と北海道国際航空(エア・ドゥ)の新規2社が当初の格安運賃を引き上げる。観光需要が高まる時期を迎え、値下げで顧客を取り込む考えがあるとみられる。
■10■全日空・エア・ドゥが対抗値下げ(4/8朝日)
全日空と北海道国際航空(エア・ドゥ)は6月からの羽田―新千歳線の割引運賃について、すでに値下げを発表していた価格よりさらに下げることを決め、国土交通省に届け出た。最大で全日空は6000円、エア・ドゥは2500円安くなる。日本航空が同路線の割引運賃を大幅値下げしたのに対抗した。
■11■団塊世代呼び込め(4/6朝日)
07年から始まる団塊世代の大量退職を前に、「住んでみたい北海道」推進会議が5日、函館市で設立された。官民が一体となって、道外の退職者に第二の人生を道内で過ごしてもらうよう誘致に取り組む。道内50市町村でつくる北海道移住促進協議会と、鉄道、航空、観光会社など10社で構成。新たな企業も募ることにしている。道によると、官民が一体になった移住促進のための組織は全国では初めて。
■12■老舗ビル「和光」 大阪の業者に売却 函館(4/4道新)
JR函館駅前の老舗ファッションテナントビル「和光」が、経営コンサルティング会社「ファイアー」(大阪)に、土地を含め3月末に売却されていたことが3日までに分かった。ファイアーなどは既に和光を所有する特別目的会社「プロシオン」を設立、当面は現在のテナントを引き継いで営業し、将来的には北海道新幹線の開業を見据え、新しいテナント誘致を目指す。
■13■旭川発着が過去最高 国際チャーター昨年度494便(4/5道新)  
二○○五年度の旭川空港発着の国際チャーター便が四百九十四便と、海外からのチャーター便が初めて就航した二〇○○年度以来、最高だったことが四日、旭川市のまとめでわかった。 旭川市は今後、アシアナ航空(韓国)が六月に就航する旭川-ソウル線(週四往復)の定期便との相乗効果を狙って、国外からの観光客誘致に力を入れる。
■14■札幌発東京1泊、2万円台へ急降下 スカイ社が先陣(4/6道新)
札幌発東京往復の飛行機と宿泊を組み合わせたパッケージツアーをめぐり、従来より一万円安い一泊二日二万円台のディスカウント合戦が道内で繰り広げられ始めた。新千歳-羽田に就航するスカイマークエアラインズの子会社が「二万四千八百円」を打ち出して火を付け、道内旅行会社がこれに追随。二十八日から五月末までの限定だが、六月以降も割安で競う可能性も出ている。各社は長く三万五千円前後の「聖域」で横並び状態だった看板商品の見直しを迫られそうだ。
■15■京王プラザホテル札幌 米高級ブランド加盟(4/8道新)
京王プラザホテル札幌は七日までに、米の高級ホテルチェーン、プリファードホテルグループの有力ブランド「スターリングホテルズ」に加盟した。台湾など急増するアジア客に加え、欧米客誘致のてこ入れを図る。また三億五千万円を投じ、上層階のエグゼクティブフロアなどを改装。来年のオープン二十五周年に備える。
■16■函館市内の飲食店情報「ハコレコ」実証試験中(4/6毎日)
公立はこだて未来大の学生らによる企業組合が、函館市内の飲食店情報をキャッチできる携帯電話限定サイト「ハコレコ」を作り、実証試験を進めている。利用者が店の感想を書き込むことでポイントが加算され、割引などの特典がある。6月までに50店に増やし、7月から事業化する予定だ。
■17■五稜郭タワー:全国からイメージキャラクター募集(4/9毎日)
国の特別史跡、五稜郭跡(函館市)の全容が望める新しい「五稜郭タワー」が今月開業したのを機に、タワー運営会社「五稜郭タワー」が、イメージキャラクターを全国から募集している。同史跡と、函館の新たな観光施設となったタワーに親しんでもらうため企画。採用作品は同社パンフレットや土産物店の包装紙などのほかイベントの着ぐるみにも使用。プロ、アマは問わない。
■18■GLAY記念館:来月8日閉館 ファンから惜しむ声(4/9毎日)
函館出身の人気ロックグループ「GLAY(グレイ)」をテーマにしたアート作品を展示しているギャラリー「Art Style of GLAY」(函館市末広町)が5月8日閉館する。GLAYの所属事務所との契約が終了するためで、ファンの間からは閉館を惜しむ声も聞かれる。
■19■定山渓、有馬、秋保 温泉の街がスクラム(4/8道新) 
二月の神戸空港開港で新千歳、仙台、神戸の三空港が三角形の空路で結ばれたのを機に、定山渓(札幌市南区)、秋保(あきう)(仙台市)、有馬(神戸市)の三温泉が、「友好温泉」の提携を結んだ。三温泉はスタンプラリーや物産展の開催など、連携して集客力のアップを目指す。提携を結んだのは、定山渓観光協会、秋保温泉旅館組合、有馬温泉観光協会。
■20■大雪丸 解体危機免れた 船上ホテルとして延命へ(4/9道新)
長崎市の長崎湾で日本唯一の船上ホテルとして活用され、昨年末の廃業後は解体される恐れもあった元青函連絡船「大雪丸」が、8日までに船舶売買会社に買い取られた。同社はホテル営業を前提に観光業者への転売を計画。「大雪丸」は再びホテルとして延命が図られる可能性が強まった。

 - すべての記事一覧, ニュースクリッピング