*

一見豪華主義、マダムは大満足の「ホテルラビスタ函館」

RIMG0950.JPG
RIMG0951.JPG
RIMG0957.JPG
函館市内はホテルの新設ラッシュとなっているが、この4月にベイエリア・旧安田倉庫跡にできた「ホテルラビスタ函館」に宿泊した。
立地は金森倉庫群の一角にあり、観光利用としては最高の場所。函館駅からは中途半端な距離で、歩くと12,3分かかる。函館のタクシーは近場を告げると途端に態度が悪くなるので、気を遣ってしまう。
ホテル自体はロビーに入るなり、落ち着いたかんじでなかなかゴージャス。客室はダブル(実際のシングル)予約だったが、ツインルームに通された。写真を見ていただければわかるが、今どきのホテルのつくりであり、痒いところにも目が届く、女性が喜びそうなホテルだ。
最上階には天然温泉があるが、函館市内のホテルのスパの中ではいちばん設備が充実しており、スパからは函館港から函館山が一望できて爽快だ。泉質は市内中心部特有の塩泉の鉄鉱泉である。ちなみに客室にはバスがなく、独立したシャワーブースが設置されている。
最近、中心部に新設されたホテルの温泉掘削が相次いでいるが、こんなに掘って大丈夫であろうか。湯の川は湧出量が落ちており、心配になってくる。
ホテルラビスタ函館は、ドーミーインチェーンが運営するワンランク上のシティ&リゾートホテルである。道内では函館の他に釧路にあるが、以前宿泊した「ラビスタ釧路川」と内容はよく似ている。朝食、客室備品、スパなどが充実しているのが特徴だが、ホテル全体のコンセプトが女性客を意識している。全体的には”一見”豪華主義だ。しかし、ホテルスタッフの対応などは、宿泊特化型ホテルありがちなぎこちなさが目立つ。
函館市内のシティホテルの中ではもっとも高い料金設定となっており、この料金と内容なら当分、集客の方は大丈夫であろう。
それにしても函館市中心部には、この2,3年で全国チェーンの宿泊特化型ホテルが急増した。その煽りを食ってか廃業も相次いである。松風町に古くからあったリッチホテル(極楽とんぼの山本がトラブルを起こしたホテル)も閉鎖されていた。地場ホテルの苦戦は続く。
5月24日宿泊 シングルルーム(ツインへ変更)9,000円(朝食付き)
【参考】ホテルラビスタ函館の公式HP

 - すべての記事一覧, 最近泊まった宿