*

木古内駅前で頑張る「駅前飯店急行」・土地の顔が見えてくる駅前食堂の灯を守りたい

’10.05Hokkaido camera2 162 ’10.05Hokkaido camera1 199

味わいのある看板と店内 とても温かい雰囲気であった

「駅前飯店急行」。北海道南部のJR木古内駅前に、こんな名前の食堂がある。 カウンターと古びたテーブルが5つ。石油ストーブから延びた銀色の煙突が壁を伝い、小上がりには「急行ですがドンコウで営業して居ります」と書かれた紙が張ってある。1957(昭和32)年の開店以来、垣内キミさん(82)が切り盛りする。(5/14付 朝日新聞北海道版

昨年の今頃、「駅前飯店急行」を訪れた。函館-木古内-小谷石(知内町)を結ぶローカル路線バスの取材(その時のブログは「北海道ローカル路線バスと秘境旅 函館-木古内-小谷石(函館バス)前編 」をご参照下さい)で木古内で途中下車をした折、ネーミングに惹かれて入った。木古内の駅前は他のローカル駅と同様、飲食店の数が激減しており、選択肢がなかったこともあるが、入って正解。なかなか味わいのある店だった。

実は昨年閉店をしたという情報を聞いた覚えがあったがまだ営業していた。正直、嬉しい。しかし、2015年の新幹線駅開業に伴い、駅前が整理されるので閉店は時間の問題かもしれない。

記事によると、「急行」のネーミングは、普通列車しか走っていなかった当時、「急行でも来ればいいね」と願いを込めて店名を付けたのが由来だそうだ。 その後、松前線や江差線に急行が走るようになったが、松前線は1988年に廃止。江差行きの急行もなくなり、新幹線が通れば、木古内から江差へ行く列車もなくなるであろう。

管理人は駅前食堂が大好きだ。地方へ行くと昼食は車でもわざわざ駅前に立ち寄り、それらしき処を探す。どこも個性的な店が多く、メニューも豊富。昼から一杯やっている人も見かける。先月、士別の駅前で入った食堂(名前を失念)もいい雰囲気であった。駅を降り、暖簾を潜れば、その土地の顔が見えてくる。

今は駅前旅館と共に姿を消して行く駅前食堂。道の駅やコンビニでお昼を取るのもよいが、駅前食堂には人間味がある。

近いうちに、「駅前飯店急行」をもう一度、訪ねてみたい。ご当地B級グルメが盛んな折、正統派の木古内名物として残せないものか。

’10.05Hokkaido camera1 202

名代の焼きそば 700円なり

 - すべての記事一覧, 北海道の食, 地域(函館・青森・道南)