*

留萌発 三省堂ブックカバーとパスタ小麦「ルルロッソ」 どれもがアイデアに優れている

rumoi-sanseidorumoi-pasta

 ブックカバーと「ルルロッソ」収穫風景

留萌振興局農務課は、留萌産パスタ小麦「ルルロッソ」や留萌地域をPRするため文庫版のブックカバーを作製した。12月1日から道内、東京都内の三省堂書店合わせて15店舗で一斉に使用する。ブックカバーの作製は、7月下旬に振興局と株式会社三省堂書店が結んだ包括連携協定の一つ。三省堂書店のブックカバー広告を利用するのは道内の自治体では初めて。(12/1付 日刊留萌新聞

「イタリアンよ、かかってこい!」。

11/30の留萌に関する拙ブログで三省堂留萌ブックセンターについて触れたが、全国15店舗のブックカバーに留萌の広告を出すことになった。広告主(?)となる「ルルロッソ」とは管理人も初めて聞く名前。

調べると、留萌産の高品質のパスタ用小麦粉のブランド名のことで、その名称の由来は、アイヌ語で留萌を意味する「ルルモッペ」、留萌の夕日をイメージした赤のイタリア語「ロッソ」から来ている。パスタに適した小麦で、イタリア産のデュラム・セモリナに負けない品質らしい。

これだけパスタが国民食として普及した今、価格さえ折り合えば需要は多いであろう。そして、パスタの留萌としてブランド化することもできる。

それにしても留萌振興局は三省堂の誘致からブックカバーの広告、そしてパスタ用小麦とアイデアに富んでいる。

とんでもない切れ者が局内にいるのではないか。

 - すべての記事一覧, 地域(道北・旭川・富良野)