*

「札幌アスペンホテル」コンパクトながらシティホテル以上の内容

'13.01Hokkaido 103'13.01Hokkaido 105 '13.01Hokkaido 128

先週、JRのアクシデントにより急遽、札幌へ戻り予約を入れたのが札幌アスペンホテルだ。到着が遅く、今年は雪が多い札幌なので駅から近いホテルで考えたが、北口から徒歩2分なのが同ホテルだ。雪道なので多少時間はかかっただが(それでも正味3,4分)、JRタワー日航ホテルを除けばもっとも近い部類に入るホテルだ。

実はアスペンの宿泊は初めてである。市内の主要ホテルの大半にこれまで泊まっていたが、なぜかここは縁がなかった。実は昨年、一度予約を入れ、キャンセルをしたのだが、その後、携帯に電話がかかってきた。確認の電話だが、最近のホテルでは珍しいことで、また対応も丁寧であったので気になり、次回は泊まってみようと思っていた。

今回はスーペリアルツインルームがリニューアルされ、割安で出ていたので予約を入れる。ホテル自体は既に20年近く経過していると思うが、古さは感じない。通された1101号室は27平米のふつうのツインだが、机が広く、バスルームもゆとりがある。空気清浄機も備えられているが、最近は高品質のビジネスホテルを見慣れているので、とりたて新鮮味はない。むしろ客室のカーテンを開けると前が北大構内であり、これまで見たことがないアングルであったので新鮮だ。すぐ隣りにある茶色いビルは2地域居住の実験を行う時、見に来た賃貸マンションだ。

最初はビジネスとシティホテルの中間的なホテルかと思ったが、規模は小さいながらシティホテルに準ずる内容であった。コンシュルジュ・デスクが在り、レストランも2ヶ所ある。朝食は2階の「アスペン」でのバイキングだが、料理は2,000円程度取る市内のシティホテルの中でも上クラスの内容だ。また、1Fのレストラン「フォレスト」でも朝食が取れ、アメリカン・ブレックファーストを提供している。この規模のホテルで2ヶ所ある朝食会場は少なく、次回は1Fのレストランを利用してみようと思う。

また、スタッフの応対が暖かく、笑顔も多く、久しぶりにいいホテルに泊まったと思った。ホスピタリティに関しては、市内ホテルの中でもかなり上位にくる(ブランドホテルのように垢抜けはしていないが)。客室レベルでは普通かもしれないが、食事やスタッフの質は高く、人の温もりを感じるホテルであった。

春から秋まではホテルスタッフによる朝の北大散策ツアーがあるらしい。このあたりがアスペンホテルの魅力かもしれない。建物は多少古くなっても、おもてなし(人や食)がよければファンは増えるであろう。

参考までに各宿泊予約サイトの点数は、じゃらんが4.5、楽天4.4、一休4.3、トリップアドバイザー4.5であった。

★北杜の窓 facebook版を作りました。こちらも覘いて下さい。https://www.facebook.com/hokutonomado

 - すべての記事一覧, ホテル・やど関連, 地域(札幌), 最近泊まった宿