*

羅臼町が観光協会事務局長を一般募集

羅臼町観光協会が協会事務局長を全国から公募している。但し、条件は2007年度4月から勤務可能で給与は21万円、ボーナスなしということである。
先日、伊豆の稲取温泉が同様な募集をかけたところ大変な反響があった。稲取は年収700万円に住宅付きという高待遇もあり、シニア層を中心に多くの応募があった。
それに対し、羅臼はワーキングプアすれすれの待遇。お飾り的な存在ではなく、実際に知恵をはたらかせて動いてくれる人材でなければならない。
また、行政や地域もはたらきやすい環境をつくってあげる必要がある。
低待遇にも関わらず多くの応募があると思う。北海道、知床、羅臼を愛する人材を大事にしなければならない。
稲取温泉の場合、広告効果を考えると700万円は安いものだ。今後、こういった試みは各地で行なわれるであろうが、話題提供だけに止まらせてはいけない。

 - すべての記事一覧, 観光(北海道全般)