*

日本旅行が車いす宿泊予約サイトを開設

日本旅行が車いす利用者向けの宿泊予約サイト・インターネット版「全国車いす宿泊ガイド」を開設した。全国脊髄損傷者連合会と連携したもので、これまで5年おきに出ていた書籍をweb化したものである。これまで情報提供のみだった案内を、日本旅行の予約システムを経由して、予約まで完了できることとなった。
サイトをみると、予約サイトというよりは、施設紹介サイトのレベルである。直接予約できる宿が少なく、全体的にはつくりがまだ稚拙だ。バリアーフリー客室の写真紹介は全宿必須にしてもらいたいと思った。まだまだ発展途上であるが、使命は大きいはずだ。
管理人もこれまで障害者の旅行予約について考えたことがなかった。車いすの人が旅行会社の窓口に行くのは負担が大きい。ネットで情報収集から予約まで完了できれば大変便利なはず。既存の宿泊予約サイトを見ても「車いす」に関する対応をしているところはトップ画面部分ではあまり見かけない。
個々の宿サイトでは、紹介しているところが多いが、これからは「車いすで宿泊できる宿」などどいう表記をトップ画面に持ってゆくべきであろう。障害者だけではなく、老人を旅行に連れて行く時にも役立ち、広いニーズがあるはずだ。

 - すべての記事一覧, 旅のマーケティング